銀座の土地家屋調査士・齋藤 徹の設計事務所

menu

齋藤徹 BLOG

GNSS測量

測量、設計 | 2019年4月19日 12:04

測量協会の研修に参加

記憶に残ったこと、気が付いた事、原理原則について

1、GNSS観測現場の誤差要因

(1)雷、車、携帯電話等電磁が及ぼす影響は大きい。

(2)マルチパス⇒ビル壁、水面も影響あり

2、「RTK法」と「ネットワー型RTK」の違いについて、

「ネットワー型RTK」は、VRS(仮想基準点)により。

電子基準点とのリアウタイム観測がポイント

3、全国20kmに一箇所の「電子基準点」

(1)電子基準点の座標値は、いつも同じ座標値ではない、

電子基準点の座標値は天気、電磁波状態等によって日々異なる。

(2)リアルタイムでの同じ条件でGNSS観測をすることによって

登記申請に使える「基準点」観測は業務の効率化は大きい。

(3)測量の際、基準点を探したり、事前調査をやらなくても、何処でも基準点が作れる

これを体験した時は、驚きました。

(4)1997年からの電子基準点の出現によりGPS⇒GNSS観測へ進化してきた。

4、「セミ・ダイナミック補正」

(1)地殻変動補正前後の座標(公共測量成果)の考え方で

観測日の「GNSS観測値」と「電子基準点」の値が

同日であることがポイント、これを使えば、どの時代にも使える。

※「GNSS観測日に電子基準点の座標値を

国土地理院HPからプリントアウトしておくことを忘れずに」

(2)地震等による変化にも対応できる。

便利になりました、10年前には考えられなかった。

5、ドローン、スキャンーも驚くが

これから、

どう進歩、進化していくか

そのヒントに出会った時ワクワクする。