齋藤徹BLOG

ブランドはだれのもの

お気に入り | 2018年9月24日 10:09
先日、エステー エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター 鹿毛康司 様
の話を聞き機会がありました。
(鹿毛さんのFBから)

エステーは。500名ほどの会社で 
広告費25億円、他の企業は200億円以上 
その中で、好成績を出しているのは何故かが知りたかった。


久しぶりに楽しい時間でした。 
人の心の奥底にある何かを見つけないと 
いいクリエイテブは作れない。
記憶に残った言葉は、 
調査をやっても、そもそもお客様って自分がなぜそれを買ったのかとか、 
なぜ欲しいのか、欲しくないのかとか、 
そういうことを口に出せないどころか、 
本人も気がついてない心の奥底にある何かがある。
 そこを見つけないとクリエイティブに変換できないような気がしてます。
それと、講演会後の懇親会で一つ一つのテーブルを自分で周り 
参加者全員と自ら交流し話してくれました。 
こういった方は、初めてです。
素晴らしい知り合いが増えました。
週末は、9月25日オープンの日本橋高島屋S.C(新館)へ
友人のお店が入っているのでプレオ^プンを見に行く。
(とんかつの「かつ吉」)
この建物は、食事以外にもいろいろある
銀座には、ないお店を見てみた。
これは,本屋さんではない
(テーマごとの本をセットで木箱で売っている)
便利でいいと思うが、木箱は、1200円ほど
時間があれば自分で作りたい、イイアイデアです。
ついでに、高島屋本館も見てみる。
(とらやの餡子のビン詰め)
色々ある、都会はすごい、物があふれていると感じる。
さあ~て、見た後は、帰って仕事をしよう!
分筆2件図面を書かないと
現実の世界です。

健康

お気に入り | 2018年9月15日 17:09

今週は、土地家屋調査士の支部厚生事業で「相撲観戦」

6年ぶりに国技館へ行く

こういったことがないと行くときがありません。

食事はちゃんこを食べて、支部仲間とし親睦を深める。

翌日金曜日は、

友人の誕生日会へ行く前に、2週間に一度の健康診断

 

銀座シックスの近くで開業されたSwallowwish クリニックの

金沢先生にお世話になりました。

丁寧に診察してくださるドクターが身近にいてくださるのは本当に安心です。

診察後に共通の友人のお誕生会へ金沢先生と一緒に行く、

銀座4丁目交差点「ビストロマルクス」です。

ここは、景色もいい。

 

時間がないので、あまり遠くへ行かないが、

銀座はいい、

和光の時計音を久しぶりにじっくりと聞きました。

後日の検査も大丈夫で安心

健康であることを前提で仕事しているので

体の「メンテ」はどんなに忙しくても欠かせません。

ドクターのお友達は、心強い味方です。

銀座の「現場&駐車場」

銀座 | 2018年9月8日 13:09

銀座で測量をしていると相変わらず街の変化が速い、

それと「駐車場」

銀座でも場所によって、大きく異なるが

車で来るときは、よく調べてこないと驚きます。

(銀座7丁目外堀通、時間打ち止めなし)

「10分500円⇒1時間3000円⇒8時間24000円」

一万円札が、あっというまに消えてしまいます。

狭くて止めにくいが、高い。

支払い一万円札使えない。

でも、止める人が絶えない。

(有楽町マリオン付近で測量)

1、現場で車の横づけは難しい。

2、早朝でないと、駐車中の車が多く、測量ができない。

3、都心は、時間がかかり、慎重により丁寧に行い、確認+確認。

ソニービル地下で、ウォークマンを見て、懐かしいと思う。

学生の頃持ってました。

ソニービル地下は、ローラースケート場になったんですね。

若者が多く、にぎやかでよかった。

9月になり、これから年末へ向けて一気に時間が加速していきます。

まだまだ暑さは続いていますが、体調管理をしながら

「ひとつずつ」完了していきましょう。

 

ベーカリー「げたパン」

お気に入り | 2018年9月4日 13:09

帰郷時、「おみやげ」にいただいたパンが

美味しくて驚いた。

山形県新庄のベーカリー「ぱん処げたや」長時間発酵の激うまフルーツごろごろパン

どこか、軽井沢の「浅野屋」の「フルーツライ」と似ている。

 

(浅野屋のフルーツライ1200円)

と思い電話してみた。

すると、やっぱり

御夫婦で、「浅野屋」で修業していたとのこと

食べものでのブログはあまり書かないのですが

新庄市にこれだけ「クオリティーが高い」お店があったことに驚きました。

(新庄市の「ゲタパン」)

新庄で出会たことに驚いた。

こういったお店もあるんですね

 

(ゲタパンHPから)

市街地から離れた場所ですが、そこが貴重なところです。

浅野屋さんも昔は東京で店舗が少なかったが、

今は、

横浜含め近郊にお店増えて手軽に買えるようになりました。

すると興味も薄れてきました。

銀座は、パン屋さんも多い、

結局どうなったか

一番行きやすい「デパート」(三越、松屋)に行くようになります。

難しいものデスね。

 

 

霞が関で「土地家屋調査士」研修

未分類 | 2018年8月30日 13:08

千代田・中央支部研修(中央ブロック協議会協賛)

「国会での特別研修」が、いよいよ実現です。

1、研修テーマー

所有者不明土地問題を解決するための取り組み

参議院会館会議室

集合場所:参議院会館(千代田区永田町2-1-1

2、内 容

(第一部)

1)参議院会館議員専用食堂で昼食

2)電子基準点・水準原点・国会議事堂施設見学

(第二部)参議院会館で講演会

1)豊田俊郎参議院議員(土地家屋調査士)

2)法務省民事局

3)国土交通省

(都心で初の電子基準点)


(日本水準原点標庫)

水準原点とは、

日本水準原点は、 日本の水準測量の基準点です(離島の標高を除)

東京都千代田区永田町1丁目にある

日本水準原点標庫(にほんすいじゅんげんてんひょうこ)

(水準原点解説)


(電子基準点は全国に1300か所あり都心では初めてです)

3、参加者

中央ブロック内の会員

(千代田区・中央区・港区・文京区・台東区)

サプライズゲスト2名(事後アップします)

4、注意事項

1)国会・参議院会館への入室許可が煩雑になる為途中からの参加は出来ません。

2)服装は平服でかまいませんが、作業着はご遠慮下さい。

・貴重な国会施設内での、『国会議員』『官僚』の講師

価値がわかる方は、参加して知見を広げてください。

という内容で50名決定しました。

 

測量図面

土地家屋調査士 | 2018年8月25日 22:08

よくあることで、

注意したい方がよいことがあったので書いてみます。

依頼される方が、参考資料として持ってくる図面に

図面名称が

「地積測量図」と記載されたものがあるが

よく見ると、

それは「用地測量図」か「土地境界確定図」だったりする。

(地積測量図)

1、「地積測量図」とは、

法務局備え付け図面で

(1)土地の登記の時に添付される図面

(2)土地の登記とは、分筆、地積更正登記の法務局へ申請するときの図面。

(3)また、「地積測量図」は、公信力が認められていない。

(理由は、長くなるので結論だけ書いておきます。)

2、地積測量図を見る時の注意

『作成時期』

(1)境界標識が記載されるのはS52年以降

(2)H3年以降、官民境界確定をした図面が添付されている

(3)H18年以降、座標計算と残置計算の図面がなくなる

(4)H20年以降、基準点を用いた世界測地系データー図面となる。

2、測量した図面があるからといって安心できません

その図面は何なのか

 

1、現況平面図(土地の現状図面)

2、土地境界確定測量図(境界標識+隣地承諾印付き)

3、地積測量図(法務局備え付図面)

(1)図面の名称と、何処からの図面か注意してみる。

(2)確認を含めて自分の立場で見てくれる、他の「土地家屋調査士」に依頼してみる。

間違わないように、だまされないように

それぐらい念を入れて土地の購入をすることをお勧めします。

費用は、かかりますが、結果、「安心」できます

 

 

「石原裕次郎の軌跡」展

銀座 | 2018年8月23日 15:08

銀座松屋で「ディズニー」の次は、これです。

かつて、北海道小樽で「石原裕次郎」記念館を訪れ見たことがある。

20数年ぶりに見に行く。

記念館がなくなり全国八か所を回るとのこと

洋服、ネクタイ、シャツ、腕時計など

婚約指輪は本物で驚きました。

(ゴルフセット)

その時代の最高のものなのだろう。

その時代を生きて。その時代を楽しんだのでしょう。

不思議だと思う、

 

見ると懐かしさだけを感じる。

今は、

生きている今の物に価値を感じる。

生きている、今が一番大切なのだと思った。

会場は、裕次郎世代が多く、若い人は少ない

次から次へと新しくスターが生まれていき

長く時間が経過したんだなと感じる。

もっと活躍する姿が見たかった。

現在の医療なら生きれたかもしれない。

どの時代に生きたかで決まるのかもしれない。

(世界に一台の車)

(庄司永健さんも若い)

(ガルウィング)

会場の銀座「松屋」さんは、近くにあり

遅くまで仕事をするとき、食事や弁当を買いに行く

 

(記念写真コーナー)初日で空いていました。

そのとき、8Fの催事場で気になるイベントがあれば見に行く。

自分のブログを見ていると

行動範囲が狭く、遠くへはあまり行かない

仕事と近所のことばかりのように見える。

その通り、

仕事中心,

「銀座松屋」さんは、昔から好きな百貨店です。

 

 

ソニービル

銀座 | 2018年8月18日 16:08

今しか見れない銀座の景色

「ソニービル」跡地

オリンピック後に、また新たな「ソニービル」ができるが

それまで期間限定の景色

(東急プラザ交差点から撮影)

なんか見かけない植物が多いと思ってみると

(パオパブの木)

どっかで見たような記憶もあった植物。

友人がFBで教えてくれました。

それが・・・

そう、「星の王子様」の絵本で見た

 

「星の王子さまの作中のバオバブ」

「王子さまの中に描かれてるのは星を滅ぼさんとするバオバブ」

でした。

 

今は、公園みたいです。

(地下は、B4まであります)

インスタグラム

旬な友人 | 2018年8月15日 11:08

    いつも「感動」と「刺激」を与えてくれる

    「前刀禎明」さん

    会うと、いつも明るく話してくれる。

    その中で、

    「インスタグラム」が

    勇気を与えてくれる。

    今日も、そうです。

    紹介します。

    『あらゆる可能性を考える

    難しいかどうかなんて後回し』

     

      『どうにかしたければ
      もっと真剣に聞く、考える』

         

        『目的が不明確だから
        無駄なことを言ったり
        やったりする』


        『当たり前だと思うことが、実は難しい。
        自分を信じて、やるべきことをやる。』

        『イーロン・マスクは、間違いなく偉大な経営者。
        だからレベルの違いこそあれ、
        自分がすぐに実践できることを吸収しよう。
        考え方だけではなく、行動することを』

       

        『可能性はいつだってある
        挑戦するかどうかだ』

         


          『成功体験なんて過去のこと
          これからやることの方が大事』

         

      いつも、「青空」と「雲」が特徴で大好きな人です。

    (いつもの決めポーズ)

    「デズニーのアーカイブス展」に行き思い出しました。

    前刀禎明さんの言葉に、励まされて

    『さあ~やるか』

    と気持ちが奮い立つ!

     

     

     

銀座松屋[ウォルトディズニーのアーカイブス展]

銀座 | 2018年8月8日 12:08
銀座松屋デパートで
(8階催事場)
1970年に設立、コレクションはディズニーの歴史全般をカバーの
アーカイブスを訪れて学び、ディズニーの魔法を今そして未来にいかしています。 展示品を見て、覚えている映画、アニメを思い起こす。
ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現は、
子供の頃、TVで「ディズニー」を見るとき必ずこの部屋があり
ウォルト本人が解説していた。
この部屋でウォルトが話をしていた。
(美女と野獣は、衣装は大きい)
(このかばんは、初めて見た映画の物)
実物を見れるなんて想像していなかった。
(これも実物シンデレラ)
(こんな映画あったね)
ちょっと恥ずかしいいが、
こんなことをやってしまう空気を作ってしまう、展示会でした。
よく毎日いろいろなイベントあり、刺激があるのだろうかと
「東京」という、「ところ」を思う。

▲ページトップへ