齋藤徹BLOG

ソニービル

銀座 | 2018年8月18日 16:08

今しか見れない銀座の景色

「ソニービル」跡地

オリンピック後に、また新たな「ソニービル」ができるが

それまで期間限定の景色

(東急プラザ交差点から撮影)

なんか見かけない植物が多いと思ってみると

(パオパブの木)

どっかで見たような記憶もあった植物。

友人がFBで教えてくれました。

それが・・・

そう、「星の王子様」の絵本で見た

 

「星の王子さまの作中のバオバブ」

「王子さまの中に描かれてるのは星を滅ぼさんとするバオバブ」

でした。

 

今は、公園みたいです。

(地下もあり)

インスタグラム

旬な友人 | 2018年8月15日 11:08

    いつも「感動」と「刺激」を与えてくれる

    「前刀禎明」さん

    会うと、いつも明るく話してくれる。

    その中で、

    「インスタグラム」が

    勇気を与えてくれる。

    今日も、そうです。

    紹介します。

    『あらゆる可能性を考える

    難しいかどうかなんて後回し』

     

      『どうにかしたければ
      もっと真剣に聞く、考える』

         

        『目的が不明確だから
        無駄なことを言ったり
        やったりする』


        『当たり前だと思うことが、実は難しい。
        自分を信じて、やるべきことをやる。』

        『イーロン・マスクは、間違いなく偉大な経営者。
        だからレベルの違いこそあれ、
        自分がすぐに実践できることを吸収しよう。
        考え方だけではなく、行動することを』

       

        『可能性はいつだってある
        挑戦するかどうかだ』

         


          『成功体験なんて過去のこと
          これからやることの方が大事』

         

      いつも、「青空」と「雲」が特徴で大好きな人です。

    (いつもの決めポーズ)

    「デズニーのアーカイブス展」に行き思い出しました。

    前刀禎明さんの言葉に、励まされて

    『さあ~やるか』

    と気持ちが奮い立つ!

     

     

     

銀座松屋[ウォルトディズニーのアーカイブス展]

銀座 | 2018年8月8日 12:08
銀座松屋デパートで
(8階催事場)
1970年に設立、コレクションはディズニーの歴史全般をカバーの
アーカイブスを訪れて学び、ディズニーの魔法を今そして未来にいかしています。 展示品を見て、覚えている映画、アニメを思い起こす。
ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現は、
子供の頃、TVで「ディズニー」を見るとき必ずこの部屋があり
ウォルト本人が解説していた。
この部屋でウォルトが話をしていた。
(美女と野獣は、衣装は大きい)
(このかばんは、初めて見た映画の物)
実物を見れるなんて想像していなかった。
(これも実物シンデレラ)
(こんな映画あったね)
ちょっと恥ずかしいいが、
こんなことをやってしまう空気を作ってしまう、展示会でした。
よく毎日いろいろなイベントあり、刺激があるのだろうかと
「東京」という、「ところ」を思う。

2018真夏の夜の夢

旬な友人 | 2018年8月7日 11:08

 

銀座テーラー、ラ・ロシェル南青山、新堀ギターの夢のコラボ
「真夏の夜の夢」
今年で3年目、
迫力のある音楽ギター「ダンロク」(男6人)
(6名の男性によるギター演奏=ダンロク)
ギターもいろいろ種類があるんですね。
聞けば、質の高さが私でもわかります。
(料理も、ラ・ロシェル南青山の川島シエフ説明)
美味しいのは当然です。
これも質の高さです。
このように、いいものを体験できることは幸せなことです。
(大好きな藤原帰一先生と一緒)
それと、逢いたい人に会えることです。
とても嬉しい、普段思っていたことを話すことができた。
たくさん会話ができました。
いっぱい話せました、
いい時間でした。
「幸せな時間」=「夢」のような時間でした。

 

「刑事塾」

お気に入り | 2018年8月5日 22:08

いつもお会いすると、1分プレゼンで気になっていた

「森透匡」さんのセミナーに行きました。

AI(人口知能)、自動運転化、ロボットとドローンなど

猛スピードで技術革新が進む中を生きています。

(話のテンポがよく「プレゼン」よかった)

しかし経営者は「今日、明日をどうするか?」

に一生懸命で未来を見る余裕がないのです。

(少人数で日曜日ゆっくり聞けました)

これでは時代に取り残されてしまいます。

未来がどんな方向に向かっているのか、

これから何が流行り、

ビジネスはどう変わっていくのか、

それを考える機会でした。

「ウソや人間心理の見抜き方」

1、自立神経信号・・・汗をかく、顔色があ変わる

2、下股寝具⇒脚の動き

3、体幹(胴体)⇒姿勢

4、腕くみ、自分を抱くと気持ちい、その時の心理状態は

5、身振り手振は、うその時はしない。

6、腹を見せる見せないの違い。おなかの向きで嘘かわかる。

7、話し方のサイン、逆ギレする人の心理

それ以外たくさん、森さん研究と勉強しているんですね。

仕事日常生活にも役立つセミナーでした。

日曜日のちょっとした時間に参加でき情報を得られる

都会の環境に改めてよかったと思いました。

この日は、長野県、宮崎県から泊りで来ている人もいて

懇親会でのいろいろな話が聞けました。

遠くから来た人は熱心で色々考えている。

国会訪問

土地家屋調査士 | 2018年8月3日 16:08

    今日は、参議議員訪問、

    研修セミナー打ち合わせのためです。

     

    (参議院会館で記念写真)

    土地家屋調査士で唯一の「豊田参議院員」を

    土地家屋調査士役員と訪れた。

    そこで急遽、「豊田議員」+「法務省」+「国土交通省」

    の官僚による、研修会企画が決まりました。

    場所:参議院会館です。

    千代田・中央支部主体で、大きくするといろいろなことがあるので

    身近な仲間達でシェアしていきたいと思います。

    (こういったことをやっていてくれたんですね)

    急に決まり、

    これも縁ですね。

    以前八千代市の市長さん努めた方です。

    当然「土地家屋調査士」について

    法的整備、土地家屋調査士についての「バックアップ」

    の知見の広さ深さに驚きました。

    自分たちの職域を確立していく努力は大切です。

    いい感じで大感謝です。

    (地下売店セブンイレブンで「国会おこし」です)

 

夏の作業服

ツール | 2018年8月2日 10:08
      現場の帰りに、足立区にあるロイヤルホームセンターに立ち寄る。
      ここは、作業服に特化した好きなお店です。
      作業服のこだわりは
      (マネキンも工夫されてアイデアがいい)
      1、胸ポケットに野帳が入らないといけない。
      ポケットはデザインより機能重視
      (写真のは小さい)大きさが重要
      2、夏は、ボタンは不便です。
      汗をかいて脱ぐときに脱ぎやすい物が良い。
      3、シャリ感あるシャツは、汗をかくと、すぐよれる。
      だから、すぐに乾く素材がいい。
      (シャリ感は、汗をかいたとき不便)
      4、作業服は、使いがって、機能美の最終形で究極の姿です。
      5、デザイン、シルエットがいい物が増えてきて嬉しい。
      (好きなブランドは、「バートル」「TS」)
    「空調服」は
    今回で3回目、毎年進化している。
    ファン4個使いは、オーダー製品、
    着てみて、ゴツゴツしているので、
    2個ファンにした。
    でも、この値段、買いやすくなりました。
    4個はすごい風圧で空でも飛べるんじゃないかと思うほど涼しい。
    2個で十分バッテリーが最高レベルで8時間使えます。
    バッテリーは、小さめで軽い製品にした。
    理由は、
    最近の車は、電源が付いており、充電が手軽にできるからです。
    空調服の欠点は、ファンとバッテッリーが重いこと
    ファンもっと小さければゴツゴツしないのだが
    また、現場で電池が切れたらたいへんです。
    ここのホームセンターは、試着、触れるし実物見て決めるのが一番です。
    お店の人も親切で、気持ちがいいです。
    この猛暑では、重要なアイテムです。

 

「決してあきらめない」

習慣 | 2018年8月1日 11:08

2016.3.26に書いた

「チャンスの神様」(1)~(3)

の中にある。
「決してあきらめない」

諦めたら、おしまい、そこで「ジ・エンド」です。

諦めなければ、

次の場面が見えてきます。

逆に諦めたら、

そこで終わりです。

 

<やるべきことは>
(1)何とか、ならないか?
(2)何か方法はないか?
(3)なにか、新しい情報はないか?
必死で探す。
調べる。
徹底的に、調べる。

徹底的、探しにいく。

徹底的に、チャレンジする。

そうしないと

「後悔」します。

「悔しい思い」をします。

泣いてしまいます。

病気なら、直せる医者がどこかにいるかもしれない。

お金なら、どこかにチャンスがあるかも知れない。

「何とかならないか」=「徹底的にやる」

徹底的に調べる。

そして、

あと一つだけ思うことは、

「永く続かさせること」

だと思います。

短い幸せなんて、だれでもできます。
そんなのは、すぐに終わってしまいます。
永く続かなければ、意味がありません。

その基礎となる大切なことは、

「健康であること」
「人生の王道を生ききること」です。
この二つは、「チャレンジ」する以前の話です。

あまり無理せず、ちょっと長生きしましょう!

 

 

「尾花沢スイカ」&「銀座東急プラザ」7F

旬な友人 | 2018年7月28日 12:07

週末の金曜日、「尾花沢スイカ」が届く

ありがとうM・Yクン

幼稚園からの友人、


付き合いの起伏は普段からブレや上下の振れが少ない。

だから、お互いがどう変わろうと、接し方は変わらない。

例え、社長になろうが、無職になろうが、

僕にとっての君は、いつまでも変わらないんだよ。


でも、逆に調子のいい友人もいる、

一旦リタアし、いい感じで久しぶりに会い

飲んだり、話したり。

でもある時、

一度リタイアして人生終わったかと思いきや

もとの会社のトップに返り咲いた。

すると、

電話しても出なくなり、

急に「ゴルフ」を始めたり、

そういった調子のイイ友人もいるが、

でも、しょうがない

それも人生、人間の本能。

そっとしておく、力を加えない。

普段から付き合う人がいるとすれば、

それは

「ブレの少ない人がいい」

「接する態度の上下の振れが少ない人がいい」

サラリーマン社会は、「机」と「椅子」の世界、

一生懸命仕事していると忘れちゃうが、

それを見せない人は、スゴイと思う。

 

夜は一人で、21:00から「銀座東急プラザ」7Fで

4年ぶりに「金山千春」さんのピアノを聞きに行く

久しぶりに聞くピアノは、落ちつき風格が増している

会場で友達も増えて、いい今週でした。


(夜景も銀座らしいネオンでした)

 

 

 

さよなら「エジリン」

お気に入り | 2018年7月27日 00:07

昨年NPO法人 Blossom for Allを作り

その時の

創業メンバーの一人「江尻」さんが

台湾に移住し仕事をしながら中国語を勉強することにいたしました。

8月1日より台北で働き始めます。

近いけど、今までのように会えなくなる。

一緒に苦労した仲間なので、ちょっぴり寂しい。

残した言葉が

「BFAの皆様と。なかなか活動に参加出来てなかったけど、

行く前に皆さん一緒に集まれて良かった!」

色々な、メンバーが集まって一つのことをやっていく。

大企業の広報にいた子で事務能力は高く

報告書、プランのまとめ、作成、素晴らしかった。

色々教えられた、

企業で働く子は、教育され勉強もしていて

能力は非常に高い。

会社の公用語が英語

(メンバー全員大切な親友で仲間たちです。)

いつもありがとう。

感謝しています。

「エジリン」元気で、また会いましょう。

NPO設立お世話になりました。

 

 

 

▲ページトップへ