齋藤徹BLOG

「踵(キビス)を返す」

習慣 | 2018年11月9日 12:11

決して戻ってはいけない。

例えば

災害時に、家に荷物を取りに戻って亡くなる人がいる。

決して戻ってはいけない。

一度キメタラ振り向かない。

 

振り向かない

後戻りしない

立ち止まること、冷静に考えることは必要だが

前に進まなければいけない

止まったらおしまいだ。

 

「歩む」

立ち止まってはいけない

歩幅が少しでもいいから歩む

足踏みをしながらでもいいから立ち止まらない

後ろにだけは、行ってはいけない。

「止まったらおしまい」

疲れても止まってはダメ。

仕事をしていて思ったこと

ブログは自身への備忘録

自分で自分を励まし

仕事をしています。

 

自然は空間を嫌う

習慣 | 2018年11月8日 12:11
先日友人(M・U)さんとの会話で
 「自然は真空を嫌う」から
 「自然は空間を嫌う」



これは 

開いた空間には新しい何かが入ってくる。
 これが報酬である、ということなんですね。 



部屋から空気を排出すれば、新しい空気が部屋に入ってきます。
 自然は真空を嫌うのです。
 資源を惜しまず、社会や人々に捧げることで、
 新しい価値が得られるというルールは、
 様々な分野でも明確になっています。
 この原則をNPOの活動を行ってから
感じることがよくある。

  それから
「踵(キビス)を返す」がある。

凝った作業服

ツール | 2018年11月7日 17:11

昼食時にちょとTVで見た、「ワークマンプラスWORKMAN Plus を見て思ったこと

自分もいろいろやってみたことを思い出した。

(WORKMAN Plusから)
測量を始めたころから、いろいろ試してみた。 

最初は、アウトレット登山服からやってみた。 

ワークマンは、手ごろでよく通った。

(どこにでもあるお店)
次に凝ったのが、「ネットショップ」 

これは、失敗が多かった。 

凝っているとき 

かっこいい作業服なら、パーティも行けるのではないかとも考えて事があるが 

でも、やっぱり、「T・P・O」なんです。 

どんな場所かで、その場にあった服装が重要です。 

作業服も進化してきた、優れたデザインになり、普段着でも十分だと感じる程です。 

同業者同士で感じることは 

技術者は、突き詰める 

「仕事服」のこだわりは 

(1)機能の重要性 

①ポケットの「数」と大きさ(野帳が入る大きさか) 

②収縮性、重さ(持ってみる) 

③素材、綿100%はダメ、洗濯がしやすい、乾燥しやすいか 

(2)デザイン⇒「かっこいい」 か

(3)試着できること 

①ネットでは無理、 

でも、これだけ注意していても、「ハズレ」が多い 

満足率10%です。 

仕事するツールですね。 

大切なことは、『清潔感』

(作業服でデニム上下は、以前はなかった)
それと、何でも、どんなこともそうですが

「コレが一番」と思わず 

いいものは、次から次へと泉のごとくわいてきます。

第50回 東京同窓会総会

お気に入り | 2018年11月4日 20:11

(霞が関ビル35階で開催)

第50回新庄北高等学校 東京同窓会総会に参加

50年一度も切らさず東京にいる卒業生が行っている。

今年の参加者は、225名、毎年このくらいの人数でやっている。

(古希を迎えた先輩達18名参加)

新荘中学校校歌も歌えた。それに続く歌、合計8曲歌えた。

入学式から1ヶ月間、毎日毎日、応援練習で体に叩き込まれたから、

忘れられないんだね。

また、

70歳(古希)を迎えた先輩たちを祝う、

いつか何年か経つと私たちも祝ってもらえそうです。

(応援団長をやっていたOB45歳)

旗が来年の幹事年に引き継がれ、

その幹事年度の担任だった先生にも引き継がれたから、

現在の校長もみんな卒業生だから、

(同窓会の旗を次の学年に引き継ぐ)

役員をやって12年たつが、うまくこのシステムが回っている

45歳で当番幹事、50歳で事務局長

新年会、暑気払い、事務局会議、年3~4会

集まり、親睦を深めて、11月の総会で200名以上の総会を実現している。

(年代を超えて、同じ高校だったというだけで繋がっている仲間)

このシステムを作った先輩は、スゴイと感心する。

今年は、卒業以来初めて会う同級生もいて楽しかった。

気になったのは、当然だが

先輩達が減ってきていると感じた。

まぁ~

また、元気に会いましょう。

『無敵』(2/2)

習慣 | 2018年10月30日 11:10

大好きな人物で

小籔実英[コヤブジツエイ]さんの言葉を紹介します。

「蓮の花」のたとえがある

蓮の花はきれいだが下の方は

「泥の中」=「強くて奇麗」

この泥の中こそ、足元を固める意味で

固めた後は、自分を信じて、決してブレナイことです。

そうして、こう言ってます。

自分自身と友人に言いたい言葉です。

(富士山も冬バージョン)

「人生は捨てたものではありません。」

あの苦しみがあったから、あの悲しみがあったから

「今のしあわせがある」と思える日が必ず訪れます。

ひとつのことばで、人生は変わることがある
悩んでいるのはあなただけではない
心のもち方で人生は決まる

(奥深い山々)

よいわるいよりも深い浅いのものさしで生きる
人の幸、不幸も見る角度によって色んな形に見える
あの世までもって行けるものは心だけ
理想に向かって歩む
みんな私を支えてくれる人
苦しみも、悲しみも、みんな自分のため
隔てなき心をもつ

心に響く言葉でした。

写真画像は、山梨

山梨は、いい、とっても大好きな場所です。

色々なところにも行くが、やっぱり「山梨はいい」

何度も行きたい山梨、心身ともにスッキリします。

(秋の恵み)

(季節ごとにいろいろな果物があります)

「柿」大好きです。

『無敵』(1/2)

習慣 | 2018年10月29日 11:10

無敵とは、非常に強くて敵対するものがないこと

「出る杭は打たれる」とは

人からの妬みを、策略にはまることがあるが

「出すぎた杭」=「無敵」だと周りからねたまれない

(大好きな山梨)

というが、

本当の「無敵とは」

周りを気にせずに敵を作らない事

自分を信じ

決して「ブレナイこと」

そして「めげないこと」

だと思う。

それには、

※本当に心から信じられる人と会って相談すること

※足元を固めておくこと

(山梨の友人のお店)

人は、いい運があるが、それを忘れてしまう.

忘れないためには、

ブレずにしっかり足元を固めておくことが大切だと思う。

(いつもの公園で紅葉奇麗です)

文化祭2018

お気に入り | 2018年10月27日 17:10

    『HAPPY WOMAN BUNKASAI 2018|女性共創文化祭

    が無事に完了、いろいろな人と会え、久しぶりの友人と一度に逢えてよかった。

    話が尽きない、遅くまでいろいろな話出来ました。

司会の「たきれいこ」さん「中村江里子」さん作家「山口路子」さん

私のところのNPOが協賛しています

会場は、たくさんの人が来てくれました。

満員でした。

これは、楽屋ウラで撮影

お友達の8名と撮影。

 

 

引照点設置

測量、設計 | 2018年10月25日 20:10

現場で測量していて思うこと

特に引照点

境界点や測点が工事等でなくなる場合、

あとでこの点を簡単に復元をできように、

この点で交わる2直線上にそれぞれ2点を求めて置いたり

近くに、点を与えてこの関係位置を残しておく

これらの点を引照点という。

(どこに引照点あるか分かりますか?・・黄点です、穴がいあります)

境界の復元等のため引照点についても座標化し、

土地境界図や道路区域標示図等にその成果を記載することが一般的になってきた

マンホールやBOXの角などに、鏨やカッターでキズをつけておく。

引照点を設置するとき、いつも思う

なんか、子供の知恵見たいに感じる。

単純で原始的だが

しかし

これが一番簡単に現場で役に立つんです。

測量は、奥が深いと思うときもあるが

逆に、単純だなと思うときもある

例えば、

地面に打ち込む「鋲」

境界点に設置する、コンクリート杭、金属標識などは

単純に属するのかもしれない。

複雑と思いつつ、矛盾しているな

と思うときもある。

ま、先人が決めたルール

考えすぎないで、仕事を先に進めましょう。

 

好奇心・探究心・当事者意識

お気に入り | 2018年10月22日 19:10

    「ビシネスボンド」の定例会に参加
    会場は恵比寿のエレガンテビータ

     


    講演をしてくださった大西洋様 は、

    伊勢丹三越社長から現在は「日本空港ビルデング株式会社」の副社長をされていて

    羽田から世界へ.「世の中の変化を踏まえて、経営者として意識したいこと」

    というテーマでお話いただきました

 

 

同世代の企業トップを務めた方の話

また、話してみて、人柄の良さを感じた。

(料理は、いつも素晴らしい)

日曜日は、外交官の友人が、一時帰国していたので

ランチ2時間貴重な話を聞く

(本人の写真はアップできませんが・・・)

日本人のパスポート所有率22%程度

世界企業の中での日本の立ち位置

国ごとの歴史、地理からくる国民性は勉強になった。

忙しい中、あえてよかった。

 

(大好きな山梨の夜景)

生の海外情報は、役にたちました。

世界情勢参考になり、ニュースの見方がわかりました。

多くの友人は、地上波は見ていません

BSか海外ニュース(英語)です。

優秀な友達ですが、さらにもっと上の方も多いようですね。

帰りに、「今日はどうするの?」って聞くと

「銀座でスーツ買っていく、日本製は安くていいから」

日本は、物価が安いそうです。

生きたお金、

新たな価値を生み出すお金の使い方や

人のために使うお金としての意味もあるのだと思います。

自身が生きていく上でプラスとなるお金の使い方、

意識しないとですね・・・

 

 

ギネスブックの測量(ブルーミング中西株式会社・ハンカチ)(2/2)

測量、設計 | 2018年10月20日 01:10

ギネス認定測量は、計画準備が9割です。

また認定も条件も厳しいです。

認定員、証人、第三者がいます。

真面目な挑戦でなければできません。

 

(測量機械は、ニコントリンプルS7)が活躍

(木脚の下は床を傷つけない器具を使用した)

 

今回のハンカチも大きさが

17cm以上70cm以下で

58cm以上は、ハンカチでなくスカーフと言うとのこと。

 

初めて知ることが面白い。

忙しい中、準備、計画をしっかりやる。

でも、それを・・・のりこえると、

「次の姿、景色」が見えてきて自信になっていく」

 

(すごく嬉しそう、おめでとう)

「やった事がない」「準備ができてからやる」

じぁ~ない

「やってみるんだ」

「やりながら覚えるんだ」

また勉強になりました。

(一緒に参加でき、美しいハンカチと出会えました

ギネスに挑戦=その「挑戦する姿」が大切です

今回、やってよかった、自分自身のためにもやってよかった。

多くの事を学させていただきました。

さぁ~もどって、次の仕事をしよう!

ブルーミング中西株式会社の皆さま

お疲れ様でした。

ありがとうございました。

▲ページトップへ