齋藤徹BLOG

2018年新年会(高校)

お気に入り | 2018年1月9日 10:01

また、新年会、恵比寿で

高校時代の同窓会役員の新年会

(お店の周知も嬉しい)

事務局をやったのが縁で12年前から

同じ出身地の同じ高校を卒業したという縁で

東京都内にいる仲間と毎年(本チャン11/3)一度同窓会を開いている。

今年で50年目、昨年は250名以上の出席でした。

 

毎年200名以上が集まる、当番幹事は45歳で

事務局長が50歳、準備のために年3回集まる。

新年会、暑気払い、反省会・・・

最初に、このシステムを作った人は、良く考えている「徳川家康」のようです。

50回、50年、200名以上東京都内にいる卒業生だけで成り立っている。

 

(女性の出席者も多い)

東北地方、山形県独特の人柄が反映されている。

地方出身者の集まりっていうところが好きです。

当日、仙台からバイクで日帰りで来てくれて後輩(小林さん)もいた。

朝8時仙台発~13:00(恵比寿着)~仙台着(20:00)

驚いたが嬉しかった。

(この辺は、50代~80代のテーブル)

この日は30歳代~80歳代まで、世代間で親睦を深めました。

(中学から後輩のカメちゃん挨拶)

利害関係がないのが同窓会のいいところですね。

年に何度か会う友人たちです。

(この辺は40台~)

何年も出ていると、会わなくなる人、会えなくなる人も当然います。

一人一人の近況報告を聞いて、あの人はこんな人なんだ同じ中学なんだとか確認して話をする。

美味しもの食べて、たくさんおしゃべりして皆さん、楽しそうでした。

2018新年会(谷川真理さん)

旬な友人 | 2018年1月6日 01:01

今年も始まった『新年会』

千代田区役所主催の「新年会」

ここで谷川真理さんと会った。

 

 

谷川さんとは、ご縁が深いんです。

 

昨年11月のコンサートは谷川さんがいたから成功した遠因があるんです。

なぜかって、

コンサートでピアノ演奏してくれた世界的ピアニスト「熊本マリ」さんは

マリちゃんつながりで、谷川真理さんからの紹介だったんです。

話の中んで、これかれの企画について、

「銀座で、こういったマラソンのイベントができたらいいね」

というような話をしました。

2020年のイベントを目標としたい。

千代田区役所主催の新年会参加は

さすが「千代田区」(人口6万人)感じのよい新年会でした。

参加者は、区内「大使館」「地元名士」「業界関係者」見たことあるような人がいる。

英語案内も同時にあり、

驚いたのが、AIの技術です。

「プレゼン、案内、挨拶」マイクで話したのが2秒ほど遅れてスクリーンに文字となって表示される。

話と同時に表示される技術には驚いた。

変換文字の間違いもなかった。

世の中変わる。

微表情

旬な友人 | 2018年1月5日 11:01

「空気を読むを科学する」

微表情 友人の「微表情トレーナー、認定FACSコーダー 」の

清水 建二(しみず・けんじ)さん

微表情から人の本音を読み解く研究者

現在、防衛省に勤務評価も高まっている。

初めて、会って話した時、 息子ほどん年齢の清水さん

「若いのに一体何を話しているのだろう」が感想で よくわからなかった.

その後何度か会って話して 分かってくると

「面白い」じゃないか

会うたびによく話す

いろいろな情報を聞く

知らない世界の話を聞く

その後、表情から読み取る本音でワイドショウやTVで取り上げられていく.

フラツシュのように一瞬で表れては消える微妙な表情から「空気を読む」を科学する。

これは、「面接のテクニック」「認知的嘘の検知」に応用できる。

仕事でいろいろな人と会っていてこのことを知ることは大きい。

一瞬の微表情が相手見与える影響など 日常生活が変わってくると思う。

そこで、この講演会を企画しました。

清水健二さんの「プレゼン」楽しみにしています。

興味ある方、参加費無料です。

事前連絡してから来てみたください。

「土地家屋調査士会館」でやるところに意味があります。

直感

習慣 | 2018年1月3日 19:01

正月、周りで何が起きているか。

なぜ、起きているか考える。

その時、思いつくことが

「直感」

「ふと感じる力=本音」

本音で正直に生きることは、

先が大きく変わると思う。

人間関係も 偶然ではない、

その時の自分のレベルにふさわしい人と出会う。

出会いは、 自分が引き寄せている。

周りに、不安、怒り、妬みを持つと マイナス感情ができる、

すると、いいことは起こらない。

いつまでも、くよくよしていると、その不安が「具現化」してしまう。

解決方法は・・・

考えないようにする、近づく行為をしない。

距離をもって付き合う。

でも、それは

「考え方次第」

このモヤモヤな気持ちが、さっぱりした時に次が見えてくる。

なにがキッカケになるか分からない時もある。

『この事があったから、今があるのだと思えてくる。】

『人生の最悪のまさかってことが、あとから思うと人生のまさかのチャンスだったんだと思える時がある。』

大切なことは

起きたことから「気が付く」ことです

どこで気が付くかが大切です。

気が付ければ次が防げる。

負の連鎖を防げる。

どんな事も決してあきらめない

なぜって

「運命」よりも

「意識」の方が少し強いと思う。

GSIXトンネル

銀座 | 2018年1月2日 01:01

元旦に気が付いたこと

「トンネル」→「地下通路」

 

「GSIX」へは、地下鉄で銀座駅に来た時は、

一度地上に出てからでないと行けませんでしたが、

地下通路ができていました。

幅が広く、シルバーが印象的な近代的立派な「地下通路」です

距離も100m以上あるでしょうか

長く異次元につながるつながるような「トンネル」に思える。

GSIXからは地下2階から

 

三原橋と銀座駅を結ぶ地下通路へつながています。

東京は、2020年のオリンピックに向けて変化が激しい。

銀座の元旦に銀座を歩けば、日本人よりそれ以外の人が多い印象を受ける。

変わった、時代か昔と全く変わったと思う「銀座」

次から次へと変化する東京。

 

2018年「新年あけましておめでとうございます」

お気に入り | 2018年1月1日 01:01

2018年、平成30年

今日から始まります。

今年も、きっと

いいことが、いっぱいありますように

毎年、縁起の良い絵からスタートです。

皆様、いい初夢が見れますように

素晴らしい『2018年』になりますように

応援しています。

応援してください。

(山梨の好きな場所、先には「富士山」が見えます)

今年も、よろしくお願い致します。

 

2017大晦日

お気に入り | 2017年12月31日 08:12

2017年、平成29年もあと1日

今年は、忙しかった。

いろいろなことがあった。

一番悲しかったこと・・・

一番苦しかったこと・・・

一番うれしかったこと・・・

 

(コンサートですね)

はっきりした年でした。

<仕事に関して>

測量、登記の仕事は、

考えてみると

「付加価値」がない仕事です、

芸術作品を作っているわけではなく

手続きの仕事です。

限られた時間の中で仕事をして

いかに利益を出すか考えると

答えは、一つしかありません。

それは、

手戻りがないこと」

「失敗しないこと

です。

それには丁寧に注意してやる。

すると

時間がかかります。

すると

大量生産はできません。

また、

仕事をすればするほど売り上げは上がます。

が・・・

忙しいと言って調子に乗って仕事をやりすぎると

体を壊してしまいます。

今年は周りを見て

忙しい2017年だったからか、そうゆう同業者の知り合いが多かった。

だから

その、「ギリギリ」を見極めてやる。

 

(ロシアからのお土産、友人のオルチャンからのプレゼント)

2017年、平成29年

今年も、

一年ありがとうございました。

 

 

 

世界のクオリティ

映画、芸術 | 2017年12月24日 22:12

有楽町にある国際フォーラムで

「オペラ座の怪人」25周年記念で歌った、

主演の2人が日本に来ている。

 

キーワードが、「オベラ座の怪人」「城田優」が気になり見に行きました。

感想は、

本物は感動を与える。

この2人と一緒に出ている。

「城田優」はどうなのか。

鍛えた体で、大きくて見栄えよかた。

身長190cm以上

 

2人の歌のレベルは、すごかった。

お客に感動与えるのが「プロ」、

歌っていて自己満足、気持よくなる人が「アマ」、

はっきりわかりました。

 

ここまで、できる人は、いろいろなレッスンをして自分に投資して

鍛えて、鍛えて、できるのだと思う。

身に着けている服装も中途半端なんのは身に着けない、靴までも立派でした。

城田優さんは、トットちゃんを見ていて気になっていた。

6列目目の座席から見ると

鍛えた、逆三角形の体が目立つスーツ姿でした。

2人の本物は、違う、

全然違う

これからは、こういったものを見ていきたい。

東京にいると身近に「文化、芸術」があり

チケットが取れれば、すぐに見に行ける。

一流が、身近に見れて、聞いて、感じることができる。

地方出身者としては、このことは特に感じる。

昼に3時間見た後、事務所に戻って仕事しています。

生活の一部として、音楽が受けられる。

ちょっと味わうには、すごすぎる「ステージ」でした。

 

焼いも

お気に入り | 2017年12月20日 13:12
食べ物のことはブログに書かない方ですが
この焼き芋には感動した。
茨城県に行っていた、友人から「焼き芋」がクール便で届いた。
「干し芋」ではなく「焼き芋」のクール便は初めてです。
おいしかった。
何日も熟成した後に、じっくりと焼いた「焼き芋」
繊維質が豊富で、粘着力も強く
ものすごく甘かった。
私の好みを熟知している友人
いつもおいしものを送ってくれる。
食べ物について
子供のころに食べたもの、単純ものが美味しいと思うようになった。
どんな豪華なごちそうより
「たまごかけご飯」とか
「すじこのおにぎり」などがそう感じさせる。
かっこつけずに、
地方出身者の「イナカッペ」なのだから
素直に、
「いいふりこかない」で
生きた方が気持ちがいい。
 茨城県は、おいしいものがたくさんあります。
夏は、「ひやし焼き芋」もあるそうです。

ミットタウン

お気に入り | 2017年12月19日 18:12

先日港区六本木「ミットタウン」で

先月行われたコンサート後のミーテング

今回のイベントについての反省や感じたこと、

次回に生かしていきたいと思います。

皆さんからのご意見、

今後の情報共有の方法、

来年の予定など、

整理してから改めて考えました。

これからも楽しみなことがたくさんあり、

 

私たちの未来のような当日の青空とともに!

▲ページトップへ