齋藤徹BLOG

香道を楽しむ

映画、芸術 | 2018年1月21日 日曜日 19:01

「香道」を楽しむようになりました。

NPO法人 Blossom for Allメンバーに香道の家元の方がいます。

このことがキッカケで関わりました。

【日時】3月21日(水) 祝日 春分の日

【場所】港区白金台 八芳園

【会の名前】御家流香道 香親会

『銘香の鑑賞と組香遊び~を体験する』

(港区八芳園、大久保彦左衛門ゆかりの地)

<香道 の説明>

【香席とは】

人々が片仮名ーコの字様に、輪を成して座り集います。

香炉で焚き上げる香木の香りを順に聞き、異同や出の順を当てる組香や、

銘香をじっくり聞き鑑賞をするお席のことです

【組香とは】

古今和歌集などから、それを楽しむ季節にちなんで選ばれた証歌や、

その季の花鳥風月を主題とし、複数種の香木の香りを聞きながら、

出の順番や異同を答える薫り遊びです

【聞香とは】

掌に納まる小さな香炉の中に、灰と炭と鉱石を用いて、

あたかも地球の自然環境が縮小された世界をしつらえます。

かぐとは言わずに聞く、と表現するのが香道です。

組香や鑑賞香を楽しむことを聞香といいます

【香木について】

原木は傷ついた時、保護や蘇生のために自ら傷口に樹脂を分泌させます。

香元は香木を敬意を込めて焚き上げ、遥かな時空を越えて

一期一会の覚悟と畏れをもって、深淵から立ち昇り薫る高貴な香りを、

最初に正客に差し出します。

一瞬の中の永遠そして永遠の中の一瞬を 春の日に味わいにいらしてください

以上簡単な説明ですが、この世界を知る、

日本の文化「香道」を楽しむまで来るとは思ってもいませんでした。

知らないことを知る喜び

それが、スキルアップにつながると思いました。

 

世界のクオリティ

映画、芸術 | 2017年12月24日 日曜日 22:12

有楽町にある国際フォーラムで

「オペラ座の怪人」25周年記念で歌った、

主演の2人が日本に来ている。

 

キーワードが、「オベラ座の怪人」「城田優」が気になり見に行きました。

感想は、

本物は感動を与える。

この2人と一緒に出ている。

「城田優」はどうなのか。

鍛えた体で、大きくて見栄えよかた。

身長190cm以上

 

2人の歌のレベルは、すごかった。

お客に感動与えるのが「プロ」、

歌っていて自己満足、気持よくなる人が「アマ」、

はっきりわかりました。

 

ここまで、できる人は、いろいろなレッスンをして自分に投資して

鍛えて、鍛えて、できるのだと思う。

身に着けている服装も中途半端なんのは身に着けない、靴までも立派でした。

城田優さんは、トットちゃんを見ていて気になっていた。

6列目目の座席から見ると

鍛えた、逆三角形の体が目立つスーツ姿でした。

2人の本物は、違う、

全然違う

これからは、こういったものを見ていきたい。

東京にいると身近に「文化、芸術」があり

チケットが取れれば、すぐに見に行ける。

一流が、身近に見れて、聞いて、感じることができる。

地方出身者としては、このことは特に感じる。

昼に3時間見た後、事務所に戻って仕事しています。

生活の一部として、音楽が受けられる。

ちょっと味わうには、すごすぎる「ステージ」でした。

 

「映画ワンダーウーマン」

映画、芸術 | 2017年8月25日 金曜日 20:08

2年半年ぶりに映画(有楽町マリオン)を見に行きました。

 

(美人さん大好きです)

見た映画は「ワンダーウーマン」です。

帰りに柱に貼ってあるポスター写真とろうと思い

エレベターで9Fへ

帰りにポスターを見るとなくなっている。

「次回上演の作品(写真)になっていました。

 

思うに、 「チャンス」を逃してしまったのです。

『思ったときがチャンス』で写真取っておけばよかった。

人生の勉強になりました。

たかが、写真ですが

これが大きな「チャンス」だったらと思ったり。

人生を重ねて考えてみました。

 

『SUITS/スーツ』(2)

映画、芸術 | 2017年8月17日 木曜日 21:08

毎週一番楽しにしているドラマです。

この「ドラマ」を見てから他の番組が物足りなくなった気がする。

内容は、

名門大学であるハーバード大学ロー・スクール出身者しか採用しない

マンハッタンの一流法律事務所ピアソン・ハードマンが舞台。

大人気リーガルドラマです「先が読めなくて、考えさせられる」

想像させるドラマでファツションも注目

 

このスーツ

アメリカの「トム・フォード」のウィザーというラインのもの。

肩からウエストのラインがいい。

 

女優さんも同様に楽しませてくれる。

リーガルドラマで内容も興味深い。

ただ、日本の弁護士さんと違うなと思うのは

持ちもの、日本の弁護士さんはいつも大きなカバン荷物を持っているが

主人公のスペクターは、ポケットに紙一枚か、うすい鞄だけ

 

ドラマを見て自分の生活を考えると

毎日こんな張りつめた時間ばかりでは「体、頭」が持たないと思う。

疲れるだろな~

このドラのような生活は絶対無理でしょう。

つまらないことを考えながら1時間見てしまいます。

『SUITS/スーツ』(1)

映画、芸術 | 2017年6月8日 木曜日 09:06

毎週一番楽しみなにしている

海外ドラマ「スーツ」

マンハッタン発、全米を虜にしたスタイリッシュドラマ、

「SUITS/スーツ」

スーツの着こなしもいい

品質、おしゃれもよいのが分かる。

仕事が「デキる男」は、カッコいい。

仕事をするスタイル、対人関係

自分の仕事に置き換えて勉強になります。

見てて熱くなる。

ストリーも

よく考えるているなと思いながら見ています。

ぜひ一度見てください。

名犬ラッシー

映画、芸術 | 2017年3月20日 月曜日 16:03

先日、ある勉強会の後に

ふと思い出して「名犬ラッシー」の話題があった。

世界名作劇場で人気TVドラマ(1954年~1973年頃)でした。

 

 

子供のころ本物のコリー犬は、近くにいなくて見たこともなかった。

写真のような画面でTVを見ていた。

「賢い犬だな~」と思っていた。

大人になって、驚いた、

本物のコリー犬をみて、

 

栗毛色ではないか、

「きっと白黒と栗毛色の種類がいるのだろう」

と思っていた。

が・・・

考えると、それは、当時「白黒TV」だったからです。

 

この話を、映画好きな「藤原帰一」先生にすると

さすが東京大学の先生は違う

「カラーTVが出てのが1960年頃ですから」

と、笑われるかと思いますかが、まじめに答えてくれました。

同世代、そんな時代もありましたね。

思い出話でした。

 

 

 

 

奇跡のレッスン

映画、芸術 | 2016年12月31日 土曜日 17:12

世界からトップクラスのコーチを招いた、

1週間のレッスン 羽生結弦選手の「SEIMEI」を始め 数多くの名プログラムを手がけている

フィギュアスケート界の カリスマ振付師 シェイリーン・ボーンさんでした。

シャイで自己表現が苦手な子どもたちに 子どもたちに

1週間の特別レッスンを行う様子を 密着ドキュメントしていく番組です。

 

最強コーチのレッスンは

子どもたちの力を驚くほど伸ばし、成長させていきます。

飛躍させる最強コーチの方法論は

 

レッスンにひたむきに取り組む子どもたちの姿、そしてピュアな瞳を見ていると、

明日から自分もがんばってみようと勇気が湧いてくる。

そんな熱いドキュメンタリーです。

 

世界的トップクラスの人と会ってコーチを受けるなんて

「夢」のようです。

 

この人は、

なぜっトップなのか?

どこが違うのか?

番組を見て分ったこと

世界一流の指導者って、

どんな人か?

どこが一流かが分かる。

2017.1.1(BS1)15:00で見れます。

短編映画から見た世界(笹木恵水)

映画、芸術 | 2016年11月16日 水曜日 20:11

 

20代の女性映画監督笹木恵水さん

友人の娘さんという関係で11月BB定例会に来て頂きました。

 

(かわいらしい御嬢さんで感性豊かな性格が伝わりました)

キラリトギンザ7F「ビストロバンヤード」です。

 

短編映画は、見る機会が少ないですが

 

約束のネイロ」という作品を鑑賞させていただきました。

小樽映画祭ではグランプリをとったそうです。

 

たった一言しかセリフが無いのですが、

心にグッとくるものがある素敵な作品でした。

映画の見方も現代は、

スマホで動画を見る時代になっているそうです。

若者は、TVよりスマホで見る。

少し驚きました。

そういった点では、短編映画って「表現する」力が強く貴重だと思いました。

宇宙を測る=ハッブル宇宙望遠鏡

映画、芸術 | 2015年10月26日 月曜日 16:10

地球ドラマチック「ハッブル宇宙望遠鏡~宇宙の謎に迫る 25年の軌跡をみて(Eテレ)

ハッフル望遠鏡 「宇宙を測る=ハッブル宇宙望遠鏡」は、

星の誕生の過程やブラックホールの活動の証拠を鮮やかな画像でとらえてきた。

宇宙の膨張が加速していること

だが、
打ち上げ当初は鮮明な画像が得られず、失敗から学ぶことがあった。
	星の数が、地球上の砂の数より多い=砂の数なんて想像できない。
	宇宙の始まりと膨張について、宇宙の始まりが137億年前であることを知る。
	過去の宇宙の観測により宇宙の膨張を知る。

<いつ放された光なのか>
	宇宙の膨張は増している=「ダークエネルギー」と呼ぶ。
	宇宙を測ることから解った、目に見えない「ブラックホール」は太陽の20億倍の大きさである。
	どの銀河の中心にもあるのが「ブラックホール」の役目って何?


	ハッフル望遠鏡の寿命は2030年頃まで軌道が地球に近づいていて地球に戻ってくる。
	次の望遠鏡も計画中で3倍の大きさである。
	宇宙全体の恒星は2000億*1000億=200垓個以上
	垓「カイ」なんて単位初めて目にした。

どの部分を見ても、「知りたい」という本能を刺激する。
生きている間にどこまで「知る」「見る」ことができるか楽しみです。
こういったテーマーって大好きです。

宇宙の果て

映画、芸術 | 2015年10月24日 土曜日 12:10

いつも見ている、NHK、Eテレの「ZERO」

今回は、「宇宙の果て」 “宇宙の果て”はいったいどうなっているのか。

そこには何があるのか? 無限に続いているのか?

最新観測と理論から、

この究極の答えに挑む研究が進められている。

宇宙の果てを解き明かすためのキーワードは “三角形”。

宇宙に三角形を描くことで、宇宙の果てを知ることができるという。

そこから見えてきた驚きの宇宙の果てとは?

 

想像を超えた宇宙の果て!

地球から見てわかる宇宙の大きさは、 宇宙は拡大しているので470億光年です、

470億光年先は、さらに宇宙が広がっている。

ゆがんだ部分もあり、「宇宙背影放射」宇宙全体は何とか想像できました。

宇宙には始まりがあり、有限である。

▲ページトップへ