齋藤徹BLOG

12月休日の「銀座中央通り」

銀座 | 2018年12月16日 日曜日 10:12
休日、日曜日、朝の銀座は静かです。
銀座四丁目「三越」の「おはようライオン」に挨拶して出勤

いつもここを通るときはライオンの左手と握手しています。

銀座三丁目アップル店舗の屋上看板は何時から回転するのだろうかとか
考えながら歩く
早朝から大勢並んでいる。
何があるのだろうか
とか思って休日出勤する。
今日は、青空でひんやりして気持ちががいい朝です。
今年も残り少なくなりました。
色々なことがあった2018年、平成30年
あっという間の平成の時代30年間
締め切りが頭をよぎる。
午後から打ち合わせ
夕方も
休日でも働いている人は多いです。

リトルミイのひみつ

銀座 | 2018年11月30日 金曜日 00:11

銀座松屋さんの催事で「リトルミイのひみつ」

赤いドレスとタマネギ型のおだんご頭が

トレードマークの「リトルミイ」


本展ではミイの「小ささ」や鋭い観察力で

核心をつく「名言」に注目し、

ミイと一緒に写真が撮れるフォトスポットや

「ミイの名言」の展示を通して、ミイが愛されるひみつに迫る。

可愛いのもイイですけど原作の「妖怪っぽい」キャラがまたイイ

会場は、写真撮影を意識したレイアウトになっている。

銀座松屋さん8階で食事をして帰りに見学する。

この頃、遠くに出かけず近くばかりです。

理由は、「時間」です。

ムーミンでは「ミイー」が一番好きデス。

 

11月銀座通り

銀座 | 2018年11月18日 日曜日 18:11

11月の日曜日、昼に

銀座中央通りの歩行者天国を歩き出勤

中央通りは散歩していて気持ちがいい

(銀座5丁目中央通り)

休みは、やることを、終わらせてからゆっくり休みたい

難しいことから、マイナスの事から早めに終わらせたいと思い休日出勤

逆に、我慢できなくて現実から逃げて

気分転換してから

旅行から戻ってきてから

仕事をしたことがあるが

結果、「むなしかった」

やはり計画は必要だと思う。

気になることを片付けてから

旅に出かけた方が楽しいと思う。

毎年、写真のブルガリ(銀座2丁目)の建物壁のオブジェを見ると

あぁ~「クリスマス」、「年末」が近いんだな~と感じる。

銀座中央通りを、見ながら仕事ができる環境に感謝したい。

今日は、少しひんやりしていて、とても気持ちがいい。

(銀座4丁目三越)

ショーウインドウを見たり

観光客が多くいて

イベントが年中あって、

美味しい食べ物があり、

素敵な洋服があり

みんな楽しそうに、ニコニコしながら歩いている。

そんなことを、久しぶりに感じました。

 

 

 

「もってのほか」

銀座 | 2018年10月4日 木曜日 20:10
銀座にある「山形プラザ」では「新庄」の特集されていた.
10月4日まででした。
「もってのほか」は食用菊です。
おひたしにして食べると、とても美味しいです。
菊はちょっぴり苦みがあり、そこが好きです。
家では、菊をむしるのが子供の頃の仕事でした。
大量に、「どんぶり」いっぱい食べていました。
「アケビ」は中身ではなく外の皮の中に肉詰めにして焼いたものを食べます。
とっても美味しいですよ。
こんな「自然の恵み」を売っているなんて、平和でいいじゃないですか。
久しぶりに買い物しました。
最近、高畠町の「太陽パン」をよく買う。
果物も本物の味です。
人の良さそうな、いかにも新庄っていう感じの人立っていました。
人のよさそうな、「おっちゃん」が売ってました。
 話しかけると「新庄の人ですか」と聞かれました。
銀座で、同郷の人と話すと、「ルーツ」までわかってしまいます。
どこの、だれの息子で親戚が、だれなのかまでわかります。
軽くお話して帰りました。

    「やまぶどう」「すもも」「枝豆」
    「銀座」に「故郷のアンテナショップ(山形プラザ)」があることは
    とっても嬉しいです。
    時々、気分転換で銀座散歩に行きます。
    平日、内業が続くと散歩に出かけます。
    そこで、
    ちょっと、人とお話するのは楽しいですね。

 

「石原裕次郎の軌跡」展

銀座 | 2018年8月23日 木曜日 15:08

銀座松屋で「ディズニー」の次は、これです。

かつて、北海道小樽で「石原裕次郎」記念館を訪れ見たことがある。

20数年ぶりに見に行く。

記念館がなくなり全国八か所を回るとのこと

洋服、ネクタイ、シャツ、腕時計など

婚約指輪は本物で驚きました。

(ゴルフセット)

その時代の最高のものなのだろう。

その時代を生きて。その時代を楽しんだのでしょう。

不思議だと思う、

 

見ると懐かしさだけを感じる。

今は、

生きている今の物に価値を感じる。

生きている、今が一番大切なのだと思った。

会場は、裕次郎世代が多く、若い人は少ない

次から次へと新しくスターが生まれていき

長く時間が経過したんだなと感じる。

もっと活躍する姿が見たかった。

現在の医療なら生きれたかもしれない。

どの時代に生きたかで決まるのかもしれない。

(世界に一台の車)

(庄司永健さんも若い)

(ガルウィング)

会場の銀座「松屋」さんは、近くにあり

遅くまで仕事をするとき、食事や弁当を買いに行く

 

(記念写真コーナー)初日で空いていました。

そのとき、8Fの催事場で気になるイベントがあれば見に行く。

自分のブログを見ていると

行動範囲が狭く、遠くへはあまり行かない

仕事と近所のことばかりのように見える。

その通り、

仕事中心,

「銀座松屋」さんは、昔から好きな百貨店です。

 

 

ソニービル

銀座 | 2018年8月18日 土曜日 16:08

今しか見れない銀座の景色

「ソニービル」跡地

オリンピック後に、また新たな「ソニービル」ができるが

それまで期間限定の景色

(東急プラザ交差点から撮影)

なんか見かけない植物が多いと思ってみると

(パオパブの木)

どっかで見たような記憶もあった植物。

友人がFBで教えてくれました。

それが・・・

そう、「星の王子様」の絵本で見た

 

「星の王子さまの作中のバオバブ」

「王子さまの中に描かれてるのは星を滅ぼさんとするバオバブ」

でした。

 

今は、公園みたいです。

(地下は、B4まであります)

銀座松屋[ウォルトディズニーのアーカイブス展]

銀座 | 2018年8月8日 水曜日 12:08
銀座松屋デパートで
(8階催事場)
1970年に設立、コレクションはディズニーの歴史全般をカバーの
アーカイブスを訪れて学び、ディズニーの魔法を今そして未来にいかしています。 展示品を見て、覚えている映画、アニメを思い起こす。
ウォルト・ディズニーが在りし日に使用した仕事場を細部にわたって再現は、
子供の頃、TVで「ディズニー」を見るとき必ずこの部屋があり
ウォルト本人が解説していた。
この部屋でウォルトが話をしていた。
(美女と野獣は、衣装は大きい)
(このかばんは、初めて見た映画の物)
実物を見れるなんて想像していなかった。
(これも実物シンデレラ)
(こんな映画あったね)
ちょっと恥ずかしいいが、
こんなことをやってしまう空気を作ってしまう、展示会でした。
よく毎日いろいろなイベントあり、刺激があるのだろうかと
「東京」という、「ところ」を思う。

『老舗 “銀座テーラー” 経営危機からの再生』

銀座 | 2018年7月20日 金曜日 10:07

多くの要人を顧客に持つ銀座テーラーは、

1935年創業の老舗仕立て服専門店。

今でこそ業績は好調だが、・・・

普通の主婦であった鰐渕美恵子氏が入社した時には100億円もの負債を抱えていた。

何故、洋裁の知識も技術もなく、社会人経験もほとんどない彼女が、経営を再建できたのか。

(昨年は、この「文化祭」)

NPO法人Blossom for Allが主催する初イベント【音祭】MUSIC BLOSSOMを赤坂のサントリーホール

から、今年は経営者向けのセミナーを開催しました。

先週の写真が、写真家の上田さんから届きました。

丁寧に撮影していただきありがとうございました。

何枚かご紹介します。

(司会の「たきれいこ」さんは、昨年のコンサートでも、中村江里子さんがご縁)

(BLFAのメンバー)

(鰐渕社長ありがとうございました)

(講演後「懇親会」乾杯)

(参加者の皆様ありがとうございました)

100億円の負債を返済した3代目

銀座 | 2018年7月14日 土曜日 14:07

NPO法人Blossom for Allでの初めての講演会を行いました。

●テーマ :100億円の負債を返済した3代目

『老舗 “銀座テーラー” 経営危機からの再生』

●日時  : 7月13日(金)18:30

●場所  : LE CHIC UNOUR(ラシック アンジュール)

中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル6F

普段から、いろいろな方を紹介してくださる鰐渕社長

紹介してくださる人は素晴らしい人ばかりですが、

一番気になっていたのが鰐渕社長自身で、その話が聞きたくて企画しました。

来ていただいた方は60名ほど、懇親会で話をするには、ちょうどいい人数です。

新たに、人と会うということは、

知り合いの「仲良友人」とばかりと会っているのは「楽」で、「楽しい」ですが

それでは、人生広がりません。

次々と出会い広げていくことも必要です。


(前刀禎明さんとも銀座ティラーで会いました)

「メモリーフック」として残った言葉。

(永井社長久しぶり)

(ノーベル賞の大村智さんとも、銀座ティラーで出会った)

1、銀行と弁護士は信じてはいけない

2、見る目、価値がわからないとダメ

EX

100億の負債の多くは絵画、銀行には「売れ売れ」と言われ売ったが、

値段は市場価格の1/100?

銀行は、価値がわかっていない。

知らないといことは、「罪」

3、見る目がない、肩を押す人がいる。

4、追いつめられると、何が起こるか分からない。

5、時代に合った、今の仕事をしなければいけない。

6、問題は、自分で解決しなければいけない、私しかいなかった。

7、人生はセイコウしたかと思いきや・・・次次へと挑戦である。

8、分からないことをやってはいけないが、

新しいことをやるしか「生きのびる」しかなかった。

9、「幸福」と「不幸」はワンセットでやってくる。

「それを乗り越えて生きる」=「それが人生」

一番印象に残った言葉でした。

(歌手の松岡さんと)

(いつも会場でお世話になる寺澤社長)

 

有楽町電気ビルヂング

銀座 | 2018年6月15日 金曜日 00:06
有楽町電気ビルヂングは、JR「有楽町」の駅前にあり
かなり大きなビルです、ここも取り壊し建て替えになるそうです。
今夜は、この「有楽町電気ビルヂング」20F
にある「日本外国特派員協会」で集まりがありました。
歴史を感じる玄関と写真
TVで見るフラッグは、記者会見の時のみバックに飾るそうです。
写真が多いです。
一つ一つ見るとその時代が見えてきます。

取り壊す前に、来れてよかったです。


友人の酒井さんが書いてくれた私の似顔絵です。

ありがとうございます。

短時間で書いてくれました。

帰りは、ソニービルが現在なくなり「エルメスビル」がよく見える。

次に、これわかりますか?

これは、グッチの正面の「ショ-ウンドウ-」です。

(拡大して見てください)


4丁目交差点、日産車が飾っている「サッポロビル」

夜の銀座を見ながら帰還、あっという間に、一日が過ぎていく。

▲ページトップへ