齋藤徹BLOG

2018銀座朝日稲荷

銀座 | 2018年3月24日 土曜日 11:03

今年の初午に、

銀座3丁目「朝日稲荷」へ幟を納めることができました。

毎年、何年も、何年も、同じ場所、同じ位置に立っている幟

変わらないことが、いいと思う気持ち

無事に、時間を過ごすごとができる喜び

 

近くに来たときはぜひお参りしていって下さい。

銀座の運気の上がるお稲荷様です。

 

 

子供の頃からの習慣で地元のお稲荷様は大切にお付き合いさせてもらています。

なんか、心がスッキリするんです。

幼少のころからの習慣ですね。

実家も帰郷のたびに行きますが、まずは地元。

日比谷ミッドタウン

銀座 | 2018年3月23日 金曜日 10:03

日比谷ミッドタウン、東京は毎年新しい施設ができている。

3/22オープニングに招待あり行ってみた。

都内で複合施設オープンは多い。

4丁目交差点の日産は、まだ中を見てないほどで追いつかない。

日比谷の印象は、皇居、日比谷公園が近くにあり抜群の景観です。

(1Fホール)

夜景は、他にない景観でした。

建物前は、車が入ってこない場所になっている 。

また近くに劇場が複数(宝塚、日生劇場、帝国劇場、シアタークリエ)あり、

日本の「ブロードウェイ」と自負。

(1Fホールでオープニングイベント二期会)

ここ日比谷は銀座とは違った世界を作った、

昨年のGSIXと比較して飲食は手軽。

映画館も世界最新鋭で音響の良さに驚いた。

これからは映画見るなら「日比谷」に行きたいと思った。

もっと驚いたのが、

二期会のクオリティの高さに驚いた。

(夜景は、日比谷公園、皇居があり独特な都会の夜景です)

オープニング17:30へ入るとすぐに目の前で「オペラ座の怪人」が始まり。

次々にオペラの名場面が始まった。

突然感動に驚き、いい時間いただきました。

東京って、毎年このような施設が次々出来ていく

地方は地方の良さはあるが、日本が世界の中で生きていくには必要なんでしょうね。

日比谷にミットタウンができ銀座への人の流れ変わってくるでしょう。

オリンピックが、きっかけで「変化が速い」が感想です。

 

銀座の変化

銀座 | 2018年1月28日 日曜日 12:01

変わりゆく「銀座」

写真は、以前三原橋の映画館が、あった場所です。

(銀座三越9Fから撮影、三原橋)

地下の映画館によく映画を見にいきました。

(銀座松屋さん前の時計)

(白いビル「十字屋」さんも新しいく変わる、3年前コンサートを行った場所)

銀座3丁目も工事目白押し 最近銀座の街を散歩していて

「日本語」を聞くとホットする。

外国の方と時々話すが、

「The tailor makes the man 」

が深い、

「仕立て屋が人を作る」

「馬子にも衣装」・・・

「人を作る」に意味がある。

何年かこのブログを書いていますが、この10年以内でも相当変わりました。

2020年が目安ですが、どんな「銀座」「東京」になるか楽しみです。

自分で書いたブログの写真は、時代のうつり変わりの記念写真になっています。

銀座の雪景色

銀座 | 2018年1月23日 火曜日 12:01

昨日は、4年ぶりに雪景色が見れた。

夜のネオンとのコラボがきれいでした。

(銀座4丁目交差点「和光」)

(和光のピンクネンがいい)

現場には午前中は早めに行き正解。

 

(銀座4丁目交差点「日産ギャラリー」)

夜帰るときは、ふるさとの山形県を思い出させる雪景色

雪は、子供のころを思い出させる。

新庄市との違いは、除雪車がないところです。

銀座に除雪車はないだろ~ね。

(事務所まえ)

新庄市は、4月上旬まで雪が残っている。

3月の卒業式は、完全に雪、時には5月の連休まで雪が見れる。

それだけ厳しいハンデがある。

(歌舞伎座)

 

雪、冬を楽しむこともあるが、雪は、時々でいい。

雪で現場に行けない、延期、その間に体のメンテを行う。

(地下鉄「東銀座駅」入口)

車で出かけるので、「交通安全第一」

無理しない、何が大切かを考える。

(4丁目交差点)

こうやってブログに書いておくと後で見直した時に

いい記念になっています。

ちょうど4年前も雪景色を書いています。

2014年2月12日です

ちょうど「オリンピックの年」だったんですね。

見てみてください。

 

GSIXトンネル

銀座 | 2018年1月2日 火曜日 01:01

元旦に気が付いたこと

「トンネル」→「地下通路」

 

「GSIX」へは、地下鉄で銀座駅に来た時は、

一度地上に出てからでないと行けませんでしたが、

地下通路ができていました。

幅が広く、シルバーが印象的な近代的立派な「地下通路」です

距離も100m以上あるでしょうか

長く異次元につながるつながるような「トンネル」に思える。

GSIXからは地下2階から

 

三原橋と銀座駅を結ぶ地下通路へつながています。

東京は、2020年のオリンピックに向けて変化が激しい。

銀座の元旦に銀座を歩けば、日本人よりそれ以外の人が多い印象を受ける。

変わった、時代か昔と全く変わったと思う「銀座」

次から次へと変化する東京。

 

銀座コリドー街

銀座 | 2017年9月26日 火曜日 17:09

日曜日の夜、ゆっくり普段着で

くつろいで集まる友人たちがいる

職業も色々、色々な話をする。

 

(私の隣は、元NHKアナウンサーの松本和也さんです)

(英語でしゃべらないと、紅白歌合戦…たくさん覚えています)

ここできっかげが出来て色々なことが生まれている。

毎回、同じ居酒屋さんを借り切って

ゆっくり真夜中までじっくりと話す。

 

大手新聞社の経済部記者さんだったり

会社社長さん、官僚さんだったり

色々な職業があります。

マシンガトークで話す、何かのきっかけ、ヒントが生まれる。

休日のゆったりした飲み会でした。

 

(自分の子供くらいの年齢、かわいいもんです)

 

中央区役所

銀座 | 2017年9月21日 木曜日 11:09
事務所ビルの前とおり、区道路になっている。
朝、時間あるときに時々掃除する。
綺麗だと気持ちがいいし、
そうしないと次々とゴミが捨てられるからです。
この日は、18リットルのポリタンクが歩道部分に捨てってあった。
自分では片づけられないので、中央区役所に電話したら
10分で片づけに来てくれた、とっても嬉しかった。
普段役所というと印象よくないですが、「中央区役所」さん見直しました。
とっても感謝しています。

銀座の蜜蜂

銀座 | 2017年7月6日 木曜日 15:07

銀座の蜜蜂プロジェクトは、始まってから12年経ちます

成長しましたね。

 

お客様がくると時々案内します。

この日は、2日続けてきてくれた。

 

(マイクロミニで来て、ハチに刺されないか心配でした)

「オルチャン」=「ババホジャエヴァ オルズグル」さん

長すぎるので、「オルチャン」北欧の方です。

 

年齢的にも、娘のような感じです。

蜜蜂以外に、銀座3丁目のビルの屋上にある

「朝日稲荷」

~路地を通って喫茶店の中を横断していく

「豊岩稲荷」

銀座には、歴史があり、いろいろあり

喜んでもらえました。

買い物、食事以外にも、

都会の中で、ちょっとした「ミステリアス」な場所

が楽しいのかもしれません。

オルチャン帰国したら、SNSで紹介してください。

 

銀座3丁目、町内会事務局の女性も

この明るいマイクロミニスカのかわいい

オルチャン

に驚いていました。

遠くから来てくれてありがとう。

このブログは、海外の方も見ているようです。

 

 

川が、凍る国から来てくれました。

夏でも12度だそうです。

夏がないんですね。

アナ雪のような

「おとぎの世界」のように感じました。

 

2017東をどり

銀座 | 2017年5月28日 日曜日 11:05
「東をどり」を見に行くと
2017年、
今年も
初夏~夏が来るなと思う季節になりました。
「東をどり」は
新橋芸子さん達の踊りの発表会です。
京都では「都をどり」
「新橋演舞場」中に入ると和服姿の綺麗な女性
料亭の関係者、その常連さんと思われる人が見受けられる。
中でお茶を頂く

<茶道の世界ってなにか?>

(1)完全に無駄のない世界

(2)単純に美味しくお茶を飲んでもらおうというルール

<ワビ・サビ>

(1)ワビ→華やかではないが、質が良く深いもの

(2)サビ→「綺麗」なもの

「綺麗」でなくとも特殊な美意識、日本文化の根底

Cf:「黄金の茶室」→ワビサビなし

(3)不完全なもの時間経過した美しさ

(この菓子箱ににある淡いブルーが『新橋カラー』)

「東をどり」を見て

自分の仕事を考える。

(1)合理的ではなくても、

いいもの、納得がいくものを時間をかけてやる

でも値段には反映できないが

分かる人もいる。

その組み合わせかな。

ご招待ありがとうございました。

新橋演舞場付近は、

銀座でも料亭があり『シットリした場所』です。

GSIX

銀座 | 2017年4月26日 水曜日 09:04

GSIX

これから、よく出てくるであろう言葉

「ギンザシックス」

(室内に大きな空間)

銀座6丁目にあるからだと思います。

行ってみた第一印象は、お店が広い

(いつも行く本屋さんとはちょっと違うな)

銀座は、小さなビルが多く「ピンキリ」があるところが魅力ですが

ここは広い、6丁目の2ブロックを使って建ててある。

(水か、滝か・・)

今までの銀座にはなかったスタイルです。

銀座の変化は、1975年~~見ているが

変化がすごい、銀座にいて「銀座」って「すごい」と思う。

毎年、新しい話題のビルが出来ている。

「キラリトギンザ」~「東急プラザ」~「GSIX」

次は「ミキモト」かな。

(銀座松屋さんのイベント)

 

(バールンでできている靴)

 

(やっぱり慣れた松屋さんに来ると落ち着く)

(マネキンさん魅力的)

オリンピックを目前にスピードが加速しています。

「東京」ってすごい。

変化が速い。

色々考え、感じることが「いっぱい」あります。

そして

もう~「東をどり」の季節です。

資生堂パラーの新橋カラーの「クリームソダー水」を楽しみに行く季節です。

 

▲ページトップへ