齋藤徹BLOG

特別なことを求める人が来る

習慣 | 2017年11月29日 水曜日 22:11

今日は、いつも私に

「特別なことを与えてくれる人」

との話ができました。

「人は、いつも輝き続けていなければいけない。」

特別なサービスをもとめる、お客様が集まってくる。

特別なサービスを受けたい、お客様が来てくれる。

自分の仕事にあてはめる。

 

(素敵なリーフを作っていただきました)

憧れの人と出会いお付き合いする。

すると、もっとあこがれている人に近づきたくなる。

すると、それにも慣れてくる、

すると、また次を目指していく。

すると、

「話題」「人生」「仕事」の幅が広がり大きくなる。

次に

自信が、できてくる。

この繰り返しが楽しい。

結果

特別なことを特別とせず

普通に感じて、自慢などせず自然ににじみ出てくる。

そのような人と

出逢って話ができると、

とっても感動する。

いい生き方だと思う。

(眼鏡を変えてみた)

(選ぶって楽しい)

 

 

気分転換

習慣 | 2017年5月19日 金曜日 20:05

<悩みがあるときは>

気分転換に、 「超高級ホテル」や「超高級店」

へ出かけてみる。

そこで、人の観察をする。

自分で「感じる人」を見つける。

そして

その人の 「服装、持ち物」 「雰囲気」 を読み取る。

 

(大好きなミー)

「成功者」は、

(1)「独特の明るさ」がある。

(2)強い視線を感じる。

(3)『運』は、強い想いのあるところに集まるように思う。

選択で迷った時は、

心が、楽しいと感じる方を選ぶ。

前刀禎明さんは「心が喜ぶ仕事」という。

<注意すること>

1、「怪しい、変なにおいがする」

「人、場所」へは  決して、「近づかない」こと。

2、調子にのっていると、 見えなくなる事がある。

快楽や油断が生まれる、

いい気になっていると 取り返しのつかないことになる。

3、人生って 、ある程度までは,「欲」でいけるが、

最後は、いやらしい欲のない人が成功しているように思う。

(田植えの季節ですね)

私は、ここのアングルが大好きです。

地方出身者ですから、よ~くわかり安心します。

原点を忘れず生きていきましょう。

期限とタイミング

習慣 | 2017年3月28日 火曜日 20:03

「横浜」~「八潮」へ

「この日しかできないので・・・」

と電話あり対応。

 

(銀座松屋さん1Fの梵文字)

期限&タイミングは、

必要なときに、必要なサービスを提供するから価値があります。

必要なときに、行けなくて、

終わってから

「暇になりましたから来ました。」

なんて言えないでしょう。

 

(銀座松屋さん屋上神社)

どんなことがあっても、

最優先は仕事です。

休日や夜でも、真夜中以外の

「電話」「打ち合わせ」は行います。

先日、ある新聞で

忙しいときに仕事の依頼が来たとき→

「いつまでですか?」と聞く→

<答>

①ありがとうございます、よろしくお願いします。

②お役に立てず申し訳ございません。

と、 どちらか答える。

 

(M車ロゴを撮影)

私は、

「怪しい人」以外

「依頼は、全て受けます。」

どんなことをしても、やり切ります。

その、

少し

頑張ることが重要だと思う。

忙しい

習慣 | 2017年2月5日 日曜日 20:02

忙しいってことは、

仕事があることに感謝しなくてはいけない。

多くの時間を仕事に費やすって

大好きな、楽しい仕事の延長をし過ごしているのです。

 

(もうすぐバレンタイン、銀座松屋さん)

仕事が好きなら 世の中に「ブック企業」なんて存在しません。

楽しい仕事を夜遅くまでやっている と 思うようにしている。

この生活って、 私だけでははない

友人の「同業者、弁護士、司法書士」さんから

真夜中にメールがよくきます。

 

(銀座4丁目交差点)

(海外からの旅行者は、真夜中でもたくさんいます

日本にいる時間を目いっぱい楽しみたいんでしょうね)

とにかく仕事に費やす時間が多いから

「「好きだ」と思うと「楽しく」なります。

一番貴重なのは『時間』です 。

人間生きていられる時間は限られています。

だんだん短くなります。

長くなる人なんかいません。

だから、無駄遣いはできません。

 

(去年できた2丁目のカルテェ夜見るといっそう綺麗です)

去年は、 映画は一度も行かなかった。

3日以上の旅行は行けない。

夜、事務所に来ると

「仕事モード」になります。

友人と話すと同じような生活です。

 

(3丁目銀座松屋のルイ・ビトン)

忙しい仕事の中で 、

ちょっと時間が出来た時に

「旅行」 「自然」 「スパランド」に行くって

それがすごく充実していて 幸せを感じる。

一番の楽しみは、

「週末は山梨にいます」

 

今の自分

習慣 | 2017年2月2日 木曜日 20:02

<前刀禎明さんの話で>

(1) 今起きていることは、

すべて自分の責任!

良いことも悪いことも、

今までの自分の行動の結果、

つまり自分の責任だと考えるようにしています。

環境や他人のせいにしても何も変わりませんから,

そう考えることができれば、

未来は自分次第でいかようにもなります。

自分の責任で未来を創ることができるのです。

以上

 

(関越道路、高坂インター上り)

その通りです。

今の自分は、

自分で「選択」し「決断」した結果なのです。

逆を言えば .未来の自分は、今の自分めるのです。

あなたはいろんな選択をして生きて来て、

今なのです。

その事を忘れないように 生きていることに責任を持ちなさい、

そういうことだったんだと 後から気づきました。

自分の人生に言い訳したくないです。

今日の現場、綺麗な空でした 。

 

 

 

JAISTシンポジウム2017東京(2)

習慣 | 2017年1月29日 日曜日 22:01

<PS・メモリ-フック>

1、自分らしく生きる=自分を信じる

2、自分を変える力

3、感動的なプレゼンでやる気が生まれる。

SONY,デズニー、アップルと経験した前刀禎明さん

いい生き方シテマスネ。

「心が喜ぶ仕事がしたい」 (私も、言ってみたい)

「僕なんか、プッチンプリン食べてる時も楽しいと感じるよ」

そういったところが、 楽しく生きるってことなんでしょうね。

 

(前刀禎明さん、堤さん)

(3日前の新年会で、いっぱい話が聞けました)

 

(藤原帰一先生と新年会で)

毎年元気に、新年会から始まり、

また今年も勉強会楽しみにしています。

この日は、

「すきやばし次郎」の小野二郎さんと今年初めて会いました。

二郎さんとは、

父親と話すような感じです。

冗談言たり、あったかく接し話をしてくれて、

そんなところが私の父と似ています。

床屋さんでもよく会いますが、すぐに寝てしましまう。

かわいらしい先輩で

人生の色々な事教えてくれます。

大好きな、「なかよし」お友達と

とってもいい時間過ごしました。

 

 

JAISTシンポジウム2017東京(1)

習慣 | 2017年1月28日 土曜日 21:01

ベレサール秋葉原で前刀禎明さんの講演会 講演は

「本質」を見抜く力

 

 

出演者は「茂木健一郎」さん「福島敦子」さん他

前刀禎明さんのプレゼンを聞くのは3回目

 

<感想=メモリーフック>

1、マジックのように視覚、聴覚に訴えて物語が始まる。

2、自分の可能性を信じてチャレンジする=素直な喜び

4、小さな変化も見逃さない=大きな変化に通じる。

5、視点を変えることが問題解決

6、好奇心=自分の言葉で示す=感じることを優先する。

7、未来は、今の自分が決める。

 

ここがよかった。

1、仕事の延長に楽しみがある。

2、仕事が楽しければブラック企業ではない。

3、好きなことをする=仕事をする。

4、価値あること=仕事のクオリティを考える。

<茂木健一郎さんの話で印象的だった事>

感じる力とは ビックデーターがないときは直感でしかやるしかない。

初めてのことは直感でやる(AIと比較)

どう考えるか→直感

2016大晦日

習慣 | 2016年12月30日 金曜日 10:12

2016年も、明日が大晦日

忙しい1年でした。

たくさんの人と会った。

懐かしい人と会った.

1年でした。

 

(休日の夜、友人と会う)

いい人と会うことが、ネルギーだと感じる。

『充実した時間=仕事を生む力』

だと思う。

いい人が、エネルギーを運ぶと感じる。

だから、

逆の人とは、

「距離を置く」「近づかない」

 

 

(魅力的な方ばかりです)

幸運が、ついていると感じた時は、

ゆっくりでもいいから、歩みを止めないことです。

人生の波は

だれにでもあって、

休みたくても休まざるを得ない時が出てきます。

そのときは、

静かに、次の波を待ち

いつでも動き出す準備をしていれば良いのです。

今年初めに書いたブログですが、

まさにこの通りの年でした。

私の読者の皆様、

いいお正月をお迎え下さいね。

 

 

学ぶこと(2)

習慣 | 2016年12月11日 日曜日 12:12

常に

『チャレンジ』

し続けることが重要だ。

挑戦し続けない生き方なんてつまらない。

 

また、

人生「失敗」「いやなこと」ばかり目につくが

「いいこと」もある。

その「いいこと」から 広がっていくこともある。

失敗を引きずっていても 「いいこと」は少ない。

 

 

それより、

次の仕事、

新しい企画、

新しい人間関係

を見つけた方が楽しい。

皆、 『人生の時間』は多い、少ない、 の差はあるが

『限られた時間を生きている』

その時間を

いかに、 有意義に使い、生きたかで、

「よかった」 と 最後に言えるのだと思う。

学ぶこと(1)

習慣 | 2016年12月10日 土曜日 12:12

人生失敗から学ぶことが多い。

でも、

失敗ばかり見ていてもしょうがない。

やることを全てやっていて、

結果 「失敗したら」

それは

「しょがない」

「気が付かなかった」のだから

「しょうがない」

 

次に同じ失敗を 決して 繰り返さないことだ。

繰り返したら それは「ばか」だ。

失敗の「ツケ」は自分が負わなければならない

どんな「ツケ」であれ、 また、やるしかない。

どんなに辛くても、やるしかない。

「しょうがない」 のだ。

そこで いちいち立ち止まって時間使っていたら 次に進めない。

▲ページトップへ