齋藤徹BLOG

習慣 | 2019年1月21日 月曜日 15:01

「声」

「声」&「言霊」

夜にNHKのラジオ深夜便をよく聞くが

声って大事だなと思う。

電話で話すとき「声」で、その人の印象の与え方がにじみ出てくる。

その人が何を考えているか分かってくる。

(夜は、ラジオ聞きながら内業)

声は、その人の育ちオーラが、中からにじみ出てくる

「付け焼刃」がわかってしまう。

つくろっても何分かしかモタナイ

声は、小さい頃からの育ちがしみ込んだものが出るのだと思う。

(昼は現場で測量作業)

昼、夜、働いています。

その日限りの贈り物

習慣 | 2019年1月13日 日曜日 14:01

その日限りの贈り物があった。

 

充実した一日一日を過ごすと


その日限りの贈り物がある。

 

『ピュア』な気持ちをもち生きる。

身の丈に合った生活は疲れない

身の丈以上は、「見えを張り」「「気を使い」続かない、疲れる。

ただ

『築き上げてきたプライド』と『知性』は、別物です

それは「ミエ」とは違う。

「貴方の幸せって何ですか」と聞かれてすぐに答えられますか?

一瞬で言えるようにしておく。

常に自分にとっての意識する。

幸せになるための「10項目」を書いておく

大事なものは脇から崩れていく

気づかないうちに崩れていく

気づかない事を知ったときは元に戻れなくなる。

防ぐには

『ブレナイ』こと

自分の立ち位置を時々確認することだと思う。

そんなとき、山梨は僕にとって最高の場所で

ここで過ごす時間は大切な時間です。

 

 

天使がダンスをしているよ

習慣 | 2018年12月5日 水曜日 18:12

「天使がダンスをしている」

貴方の周りで、天使がダンスをしているよ。

ちょとしたことがきっかけで「キャッチ」できるよ。

そういった感じがしていると、、前向きになれる

「心の持ち方」を自分に言い聞かせる。

(大好きな山梨の場所)

人は与えてくれない。

人に与えてばかり

自分で自分に与えるしかない

気持ちのいい時

気持ちの悪い時

があるが、

変動のない一定の生き方をしたい。

悪い人にあったら逃れる努力をしたほうがいい

(山梨の好きな場所、友人のFBから)

間(マ)を置く、

どんなことにも「間」はある

隙間を埋める、よりよい埋め方があるはずだ。

 

 

「踵(キビス)を返す」

習慣 | 2018年11月9日 金曜日 12:11

決して戻ってはいけない。

例えば

災害時に、家に荷物を取りに戻って亡くなる人がいる。

決して戻ってはいけない。

一度キメタラ振り向かない。

 

振り向かない

後戻りしない

立ち止まること、冷静に考えることは必要だが

前に進まなければいけない

止まったらおしまいだ。

 

「歩む」

立ち止まってはいけない

歩幅が少しでもいいから歩む

足踏みをしながらでもいいから立ち止まらない

後ろにだけは、行ってはいけない。

「止まったらおしまい」

疲れても止まってはダメ。

仕事をしていて思ったこと

ブログは自身への備忘録

自分で自分を励まし

仕事をしています。

 

自然は空間を嫌う

習慣 | 2018年11月8日 木曜日 12:11
先日友人(M・U)さんとの会話で
 「自然は真空を嫌う」から
 「自然は空間を嫌う」



これは 

開いた空間には新しい何かが入ってくる。
 これが報酬である、ということなんですね。 



部屋から空気を排出すれば、新しい空気が部屋に入ってきます。
 自然は真空を嫌うのです。
 資源を惜しまず、社会や人々に捧げることで、
 新しい価値が得られるというルールは、
 様々な分野でも明確になっています。
 この原則をNPOの活動を行ってから
感じることがよくある。

  それから
「踵(キビス)を返す」がある。

『無敵』(2/2)

習慣 | 2018年10月30日 火曜日 11:10

大好きな人物で

小籔実英[コヤブジツエイ]さんの言葉を紹介します。

「蓮の花」のたとえがある

蓮の花はきれいだが下の方は

「泥の中」=「強くて奇麗」

この泥の中こそ、足元を固める意味で

固めた後は、自分を信じて、決してブレナイことです。

そうして、こう言ってます。

自分自身と友人に言いたい言葉です。

(富士山も冬バージョン)

「人生は捨てたものではありません。」

あの苦しみがあったから、あの悲しみがあったから

「今のしあわせがある」と思える日が必ず訪れます。

ひとつのことばで、人生は変わることがある
悩んでいるのはあなただけではない
心のもち方で人生は決まる

(奥深い山々)

よいわるいよりも深い浅いのものさしで生きる
人の幸、不幸も見る角度によって色んな形に見える
あの世までもって行けるものは心だけ
理想に向かって歩む
みんな私を支えてくれる人
苦しみも、悲しみも、みんな自分のため
隔てなき心をもつ

心に響く言葉でした。

写真画像は、山梨

山梨は、いい、とっても大好きな場所です。

色々なところにも行くが、やっぱり「山梨はいい」

何度も行きたい山梨、心身ともにスッキリします。

(秋の恵み)

(季節ごとにいろいろな果物があります)

「柿」大好きです。

『無敵』(1/2)

習慣 | 2018年10月29日 月曜日 11:10

無敵とは、非常に強くて敵対するものがないこと

「出る杭は打たれる」とは

人からの妬みを、策略にはまることがあるが

「出すぎた杭」=「無敵」だと周りからねたまれない

(大好きな山梨)

というが、

本当の「無敵とは」

周りを気にせずに敵を作らない事

自分を信じ

決して「ブレナイこと」

そして「めげないこと」

だと思う。

それには、

※本当に心から信じられる人と会って相談すること

※足元を固めておくこと

(山梨の友人のお店)

人は、いい運があるが、それを忘れてしまう.

忘れないためには、

ブレずにしっかり足元を固めておくことが大切だと思う。

(いつもの公園で紅葉奇麗です)

「決してあきらめない」

習慣 | 2018年8月1日 水曜日 11:08

2016.3.26に書いた

「チャンスの神様」(1)~(3)

の中にある。
「決してあきらめない」

諦めたら、おしまい、そこで「ジ・エンド」です。

諦めなければ、

次の場面が見えてきます。

逆に諦めたら、

そこで終わりです。

 

<やるべきことは>
(1)何とか、ならないか?
(2)何か方法はないか?
(3)なにか、新しい情報はないか?
必死で探す。
調べる。
徹底的に、調べる。

徹底的、探しにいく。

徹底的に、チャレンジする。

そうしないと

「後悔」します。

「悔しい思い」をします。

泣いてしまいます。

病気なら、直せる医者がどこかにいるかもしれない。

お金なら、どこかにチャンスがあるかも知れない。

「何とかならないか」=「徹底的にやる」

徹底的に調べる。

そして、

あと一つだけ思うことは、

「永く続かさせること」

だと思います。

短い幸せなんて、だれでもできます。
そんなのは、すぐに終わってしまいます。
永く続かなければ、意味がありません。

その基礎となる大切なことは、

「健康であること」
「人生の王道を生ききること」です。
この二つは、「チャレンジ」する以前の話です。

あまり無理せず、ちょっと長生きしましょう!

 

 

人生を充実させる。

習慣 | 2018年6月16日 土曜日 17:06

尊敬する「前刀禎明」さんの「インスタ」で

疲れた体、頭脳にピッタリはまり

目に留まった言葉がある。


 

それは、

自分にとっての価値を常に考えたい。

常識や人の考えに従って生きるだけでは、

自分の人生は豊かにならない。


自分で選ぶ、

自分で決める、

それを続けることが、

人生を充実させます。

(そうか・・そうだね)

自分で決めるから、意味がある」

確かに・・・)

 

人間は、欲望の塊であり

生きていられる時間には、限りがある。

その時間をどう生きるか?

と・・自分に問うてみたことってありますか?

そうすると、時間の使い方が変わってきます。

何が大事か明確になってきます。

     


いい人生って

習慣 | 2018年4月24日 火曜日 18:04

末から連休がスタートする。

と言っても7日間程度ですが

締め切り、連休前に完了させたい

と日々過ごしている。

(銀座サンクでの会は、来た人のよさで楽しかった)

自分にとって一番大切な事は、

「時間」

それも「生きている間の時間です」

自分のやりたいことをやるには、

「生きている間の時間」が必要です。

いかにその時間を有効に使うかです。

(応援している山梨のNYT、素直でいい子たちで音楽もそれが伝わる)

だから、会う人もいい人と逢いたいと思う。

価値が分からい人に

分からせようとする「時間はない」

時々イベントを開くが、

声かけた人へは「趣旨、来る人」を最初に話す

それを聞いて、

「手帳、予定を見てから」

と言うような人なら、

「無理して来なくていいです」

とすぐに答えて呼ばない。

(みなさん最高の笑顔の写真です)

籾井さんとも、いい時期に出会えました。

〇〇〇会長時代なら友達には、なれなかったかもしれません。

出会いは「チャンス」「キッカケ」なんです。

分からない人に、分かるようにする時間はかけたくない。

だれでも命は、いずれ尽きてしまう。

限られた「命=時間」だからこそ

いかに「いい時間」を使うかです。

そうやって、やりたいことを思いっきりやる。

それが

後悔しない、いい人生につなるのではないかと思う。

考えてみてください、

誰もが感じることですが

自分の心の状態によって「友達、お付き合いする人」は変化している。

「ミーハー」で付き合う人は、写真撮っておしまい。

そうではなく、何度も会って分かり友達になり喜びがある。

そこに、利害関係、下心なんて一切ない。

あったら続かない、そのな人はいらない。

 

(一番年上のお友達「すきやばし次郎」の大好きな二郎さん)

冗談をよく言ったり、話すことが何となく父と似ていている。

二郎さんは、酒タバコは一切しないが、その分健康にすごく気おつけている。

夏は、人間ドックに入り、普段の生活も非常に気おつけている。

「オリンピックまで頑張る」

と話し、

きっと丈夫です。

「職人」魂

会うたびに、私の仕事と重ねて通じることを教えられる。

そこに、いろいろなヒントがある。

また、

今年は、行ったことがないところに旅行してみようと思う。

 

▲ページトップへ