銀座の土地家屋調査士・齋藤 徹の設計事務所

menu

齋藤徹 BLOG

ニコン・トリンプル、ハート&ソウル

お気に入り,測量、設計 | 2012年11月28日 水曜日 00:11
本日夕方から、2つのイベントに参加
1つ目は、「ニコン・トリイプルユーザーカンファレンス」
「品川TKPガーデンシティ」で
新型測量機械、未来の測量技術のヒントを見させてもらいました。
 S8,GPS、T4Dは、今後使ってみたい技術ですね。
久しぶりに、長谷部さん、木村さんと再会。
こういった,長い、信頼関係が大切。
 お二人とも元気そうで何よりです。
こうやって会えることが一番うれしい。
 その後、横浜関内で本日2つめの懇親会?
もう忘年会に近いかも・・・
仕事仲間と懇親会、「遺品整理、不動産、建築、税理士、建築士」さん
の仲間と、横浜関内セルテビルの「ハート&ソウル」で懐かしの音楽
おじさんたちは皆元気です。
「ルパン3世」型の仕事仲間です。
この日は、1960年代が中心でゲストは「渡辺かおる」さん
力強い声で、たっぷり聞かせてもらいました。
ヨコハマ関内にある、「ハート&ソウル」
ヨコハマの文化を感じました。
 演奏後は一人一人丁寧にあいさつをしてくれて、記念撮影
お店の人も、良く気を使って頂き、気持ちが良かった。
大昔を思い出した夜でした。
また、
「ルパン3世」型仕事仲間とは?
普段は、それぞれ仕事をしていて、
共通の仕事ができたとき、
また仕事を創ったとき、いろいろな専門家が集まって
プロジュエクトを完成させる。
そして完了すると、すぐ解散する。
気心が知れた信頼できる仲間だからこそ出来る。
もう一枚プラス

週末は山梨にいます(16)紅葉

 | 2012年11月27日 火曜日 11:11
久しぶりに出かけた、いつもの「週末は山梨にいます」です。
一泊以上で出かけるのは2か月ぶり
この日は、いつもの神社に行くと、ちょうど結婚式です。
 地元を大切にして、こういった素朴な結婚式はいい。
なぜか心が和む、とっても素敵です。
 写真は、撮らなかったが、いつものガソリンスタンドに、一輪車(ねこ)で
灯油を買いに、腰の曲がったおばちゃんがいた。
 こういった風景をみるとなぜか、安心感がわく。
地方出身者で故郷がある人には分かることだと思う。
僕にとって 、「山梨での風景」は大好きです。
  (空に近いところがいい)
  一人で、孤独になるこの時間何とも言えなく快感!
 僕の知り合いや、僕の事を知っている人は誰もいない。
 色々考える時間、特に雨の日は静かでいい。
 誰にも邪魔されず、一杯考え事が、できる貴重な時です。
 僕にとって「山梨の自然」は大好きです。
 以前は、山梨県内5か所を回っていたが最近は3か所。
マイ温泉と勝手に名前を付けて出かけています。

人生の機微

習慣 | 2012年11月22日 木曜日 00:11
毎日いろいろな人と会って話す、交渉する、説明する。
そこで感じることは・・・
<人生の機微とは?>
意味は。
何時とは知れづ訪れる、人生における微妙な成り行き、
ある程度年齢を重ねると分かるもの。
<世の中の倫理について思うこと>
1、感動させる。
2、共感する。
3、同じ気持ちになれる。
そこで、僕のお客様は、3タイプです。
 1、初めての人
 2、リピーター
 3、人間関係が出来上がっていて、僕のファンの人
それぞれ
1、の人は100%~120%のパワーが必要です。
 2、の人は70%のパワーが必要です。
 3、の人は10%のパワーでお付き合いができる。
 今日逢った「資産家のお父さん」は、僕のファンになった。
 そう・・僕の生活は、そういったファンを増やすため
日々「気」を高め、「魅力的な品性」を作り持ち続けたい。
「心」=「生き方」=「人生の機微」です。
(この時は、私も写ってます)
PS
気になった言葉?
1、ヘゲモニー(hegemony)とは
特定の人物または集団が長期にわたってほとんど不動とも思われる地位あるいは
権力を掌握すること。
2、ロビイスト
ロビー(「政治家の控室」の意味)で活躍する者の意味。
政治的圧力団体の代理人として、政党や議員や官僚、さらにはマスコミや世論に
働きかけて、その団体に有利な政治的決定を行わせようとする者。
最近増えて、この動きを感じる。

転換期の日本政治と外交

旬な人 | 2012年11月20日 火曜日 14:11
(この日の勉強会)
この日は、2か月ごとの勉強会で
テーマが「転換期の日本政治と外交」について
講師は、藤原帰一先生
メンバーは10人ほど、
この日はNHKの政治部の部長
いつものメンバーで前刀禎明さん・・がいる。
主催者のコメント
第15回の講師は、国際政治学のコメンテーターとして有名なメディアからも
引っ張りだこの、東京大学法学部法学政治学研究科教授の藤原帰一様でした。
さて
 テーマは『転換期の日本の政治と外交』。
 野田政権解散に伴い、今後の日本の政治と外交についてあるべき方向性について、
藤原節でたっぷり語っていただきました。
この日は、ちょうど旬な話題=「選挙」です。
参考までに、読んで選挙の参考にしてください。
 <印象的なこと、今必要なことは>
1、中国の制度を変える。やりやすい状況を作ること。
2、日本をよくする人はいるのか?
 具体的になにをどうするか?
「ポピュリスト」=、「むやみに大衆の人気取りをする」
 では相手をバカにしているように思う。
3、TPPについては、以前の講演会で学んだので今回世の中で騒いでいるが
 全然おどろかない、なぜなら本質は分かっているからです。
4、TPP⇒WTOがあったではないか、それよりも中国が参加できることを作っておく。
5、ブログでは書ききれないほど、濃い中身で歴史と本質を教えてもらいました。
非常に格調高い勉強会でした。
メンバーは10名ほどなので、
デスカションも盛んにできて有意義な時間でした。
5、PS(藤原先生の話・・・)
 東京大学で今の学生は、官僚になる人は少なくなって、少数だそうです。
魅力がなくなってきたのでしょうか?
優秀な学生が「国の官僚」にならないということは、日本の将来が心配です。
参加者のレベルも高く最高の時間です。
夜仕事を終えて19時から22時・・・『有意義』で『贅沢』な時間でした。

豊穣の会(パレスホテル)3

旬な人 | 2012年11月14日 水曜日 00:11
  銀座での仲間もでき、これからも楽しみになりました。
今度は、「近所の仲間だけで会おう」となりました。
今回のパーティで一番気に入ったのが
招待状に・・・
「思いっきり、おしゃれして来て下さい」
景気のいい言葉でいい。
 パレスホテルの食事は、美味しいのは当然です。
景品は、当選しなかったけど一番いいと思ったのが。
トルコ大使館から
 世界中好きなところに、ビジネスクラスで行ける航空券2枚
現在のトルコという国の勢いを感じます。
すばらしいことです。
デザートの触感、アイスはサプライズでした。
皆さん目が肥えているので相当サプライズでないと驚きません。
セレブは固まっている。
  以前からファンだった「佐々木明子アナウンサー」さんと
会えたことも、大収穫でした。
もちろん「前田真理子アナウンサー」さんもです。
藤原帰一先生とのプライベイトショットは貴重です。
 (鰐淵優子さんの絵)
栃木県「那須オルゴール美術館」に展示してるそうです。
 皆さん、遊び上手なんですね。
 この日のバンドは、「ワイルドワンズの鳥塚しげき」さん、
歌はセイコーホールデイングの社長服部真二氏です。
 世界に3つしかない貴重な生地、
時代の旬であり続ける=「楽しく生きる」です。
ここで商売しようなんて考えてませんか?
「せこいこと」考えてはだめです。
それが、「旬でいる」条件です。
 帰りは、隣の公園で噴水見て帰還です。
楽しいパーティーでした。

豊穣の会(パレスホテル)2

旬な人 | 2012年11月13日 火曜日 00:11
綺麗な女子アナさん、
思い出しました!
佐々木明子アナウンサー」「前田真理子アナンサー
(写真拡大して名前確認)
「佐々木アナンサー」のファンです。
 先生も長身です。
同じ年で誕生日も同じ月で親近感わきます。

豊穣の会(パレスホテル)1

旬な人 | 2012年11月12日 月曜日 23:11
 今夜は、皇居前にある「パレスホテル」でパティー
このホテルは今年5月に出来上がったばかりです。
新築後初めて行きました、以前とは規模が違います。
3年かかったそうです。
  「豊穣の会」の豊穣とは
三島由紀夫の小説に出てくる言葉です。
「豊穣の海」
銀座テイラーの鰐淵社長の好きな言葉です。

 すごい、美女に囲まれて記念撮影です。
入口には、宝石あり、文具あり、
 エメラルドの前で、友人の鰐淵祥子さんと記念撮影、
背後には警備員さんがつきっきりです。
  盛り上がってくると、先日11/8:東京土地家屋調査士会で
TPPの講演会を行ってくれた「藤原帰一」先生と合流、
どっかで見たことある、感じのいい女子アナさんと一緒に
ツイスト踊りだした。
学生時代のダンスパーティー以来で藤原先生と一緒です。
TV東京の名前か思い出せない女子アナ、話してて非常に感じが良かった。

幸せな仕事生活(2)

習慣 | 2012年11月7日 水曜日 00:11
<否定的な感情に覆われないように>
 土地家屋調査士の仕事では、「クレーム」を受けることがある。
隣地所有者から
「以前協力してくれなかったから協力しない」
「なぜ立会って確認しなければならないのかわからない」
「境界立ち合の依頼文がおかしい」
「挨拶の仕方が悪い」
・・・・色々大変です。
        (行きたい! 千畳敷カール)
 このような言葉を受けて感情が波立たないようでいることはなかなか難しいことです。
マイナス感情に覆われて、それ以外に目が向かないようになります。
そのような時は、どうすればいいでしょうか?
1、「意識的に自分自身がバランスを偏らせないようにする」
2、「客観的な目をもついように心かける。」
3、「相手がネガティブな感情を示しているときに、どうしてだろう?」
  と思い冷静に「事実」「推測」を頭の中で整理してみる。
  それだけでも、相手に対する印象が少し変わるかもしれません。
今秋号は、たいへん参考になりました。

幸せな仕事生活(1)

習慣 | 2012年11月6日 火曜日 11:11
 ちょうど昨日届いた「東京土地家屋調査士会」の会報(秋)
が目につき読みました。
その中で、非常に印象的な記事がありました。
まったくの異業種(臨床心理士)の方連載です。
 毎日目の前の仕事で精一杯の毎日。
仕事をすればするほど、その困難さや複雑さを知るようになる。(現実)
「自由業」に見えるが縛りがあり、基本的に一人でやらなければならない、
孤独な仕事です。
<仕事をすることは生きること>
 仕事ができる喜びがある。
働くことは生きることにつながる。
「今、ここで」できることを大切に一日、一週間、一月、一年
と仕事を続けるうちにまた「違う風景」が見える。
(千畳敷カールの紅葉、今頃綺麗だろうな)
<仕事が全てにならないようになる>
 人生は仕事だけで成り立っているわけではない。
たとえば、どんな栄養価の高いものを毎日摂取したら偏って
生きていくには不十分です。
毎日そればかりだと飽きて嫌いになるかもしれません。
人の付き合いでも同じこと、
夫婦でも恋人でも親友でも、その人だけ付き合ったらどうなるでしょうか?
どのようなものでも、一つで占められる世界感は偏り壊れやすく弱い。
仕事を永く続けるヒントは、案外そんなところにあるのではないでしょうか。
明日へ⇒

「庄司永建」先輩

旬な人 | 2012年11月4日 日曜日 00:11
 今日は浅草ビューホテルで高校時代の「東京同窓会」44回目です。
東京近郊にいる同窓生の集まりです。
新庄からも大勢来てくれて、出席者数220名程
毎年200名以上の参加者で行っている。
(後輩でソニーの阿部ちゃんと3名で撮影)
上は、俳優の「庄司永建」先輩80代後半~28歳まで
 庄司先輩は、よくTVのCM(保険等)に出ています。
80代後半でも、背筋がピィとして、撮影をお願いしたら
わざわざ立ち上がってくれました。
 12時頃から受付、年配の人は毎年楽しみにしています。
 (開会前の会場)
この日、気になる話題があった。
 それは・・・
出席者の中に、故郷で「司法書士」やってる先輩の話。
彼は平成4年に開業したのですが、開業当時は地区での登記件数は
2万件あったそうですが、現在は6千件だそうです。
驚きました、でもこれが実態です。
全国的に言うと、
ここ5年間で
「土地の表示登記」でマイナス50%
「建物の表示登記」でマイナス30%
モノスゴイ変化です。ご存知でしたか?
これが、現実です。