測量・開発許可申請業務

土地の境界問題、他人事ではありません。問題が起きる前に、専門家に相談しませんか?

土地境界確定測量

●境界紛争防止のため、境界杭を設置したい
●建築計画などのため、隣接地との境界を明確にしたい
●売買契約のため、隣接地との境界をしっかり決めておきたい
→

土地の境界をはっきりさせ、土地の面積確定を行います。

納期 0.5〜3ヶ月
参考費用 お問合せ下さい

▲このページのトップへ戻る

現況測量

●建築計画などのため、敷地面積を知りたい
●相続税算定など財産評価のため、敷地面積を知りたい
●土地の売買にあたって、登記簿面積と実測面積を比較したい
→

現在使用している部分を測量し、利用状況など図面化します。

※簡単な区画の測量は、予算に応じて行えます。

納期 約1日〜1週間
参考費用 80,000円〜

▲このページのトップへ戻る

高低測量

建物の建築(設計)にあたって、敷地の高低差を調べたい
(隣地建物の窓、屋根の位置高さ)
→

隣接地、道路の高低差を測量いたします。

参考費用 現況測量 + 30,000円〜

▲このページのトップへ戻る

真北測量

●風水を考慮した場合の真北を知りたい。
●建物の建築(設計)にあたって、日影制限などを知りたい
→

太陽を観測し、真北角を算出します。
GPS観測でも可能です。

参考費用 80,000円〜

▲このページのトップへ戻る

道路位置の指定・変更・廃止申請

●大きな私有地を細分化してそれぞれの敷地に建築物を建てたい →

建物を新築する敷地は建基法上の道路に2m以上接していなければなりません。道路として認められるものは、公道(国・県・市道など)及び私道であり、その一つに通称『位置指定道路』と呼ばれているものがあります。特定行政庁から道路の位置指定を受けるまでは、建築確認を取ることができません。

納期 1ヶ月〜2ヶ月
参考費用 250,000円〜

▲このページのトップへ戻る

狭あい(法42条2項)道路拡幅申請協議

通風、採光、日照などの生活環境の確保や、災害時の避難、防火などの防災上の問題から、道路の幅員は4m以上必要だとされています。
4m未満の幅員の道路を狭あい道路といいます。
狭あい道路に面する敷地に建築物などを建てる場合、その道路の中心線から2m後退したところを道路境界線とみなし、その道路境界線から道路側に突き出して建物、門、塀、擁壁などを建築または築造することはできません。 市区町村によっては申請後、道路後退(セットバック)部分は無償使用承諾または寄付により構造物の撤去費用の一部に助成金が支給されたり、側溝の整備等などが行われます。
→
納期 2週間〜3週間
参考費用 50,000円〜

▲このページのトップへ戻る

開発設計・許可申請業務

●土質調査(ボーリング・室内試験)
●造成     ●排水
●道路     ●工作物
●公園等設計
●開発許可申請(都市計画法等)
→

経験豊富でまじめな技術士が対応します。

納期 お問合せ下さい
参考費用

▲このページのトップへ戻る

ロボテックによるワンマン測量

当事務所は、2010年5月から、「ニコントリンプル」のトータルステーション(自動追尾、自動視)を導入致しました。

特徴

スピードは今迄、3人で現況測量観測点600〜700点でしたが→
かる〜く、2000点視準出来ました。とにかく早いです。4級基準点測量の精度も飛躍的に向上し、一人測量でも(20点/日)出来ました。
ターゲットを目で見ないで測量出来るので夜間測量も可能です。
一度ターゲット(ミラー)をロックすると、時速300km/hまで追尾します。
「リニア駆動」だからです。
この機械以外は通常「ギア駆動」です。
測点測設(逆うち)も一人で、出来ました。
パネルが取り外しで、離れても手元で見れて操作出来ます。

▲このページのトップへ戻る

Google Earth で図面が確認できます

GPS測量機械のバージョンアップにより、公共座標で行った図面(現況、計画、平面図、縦横断図)がGoogle Earth 上で位置が確認できます。
3Dでも見られ、大変分かりやすくなりました。
迫力ある画面となっています。
ぜひ、ご覧下さい。

そして、あなたの土地を宇宙から見てみませんか?
土地の区画と高さも表示されます。
ストリートビューで見れば驚きです。

閲覧方法

1、
「Google Earth」をダウンロードし、インストールする。
ダウンロードはこちらから
2、

下記のファィルをダウンロードして、開く。

測点 (38KB)

成田縦横断面図 (64KB)

※簡易閲覧用PDFはこちら

▲このページのトップへ戻る